プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

レゴ芸人・ボーイフレンド黒沼、世界で25人目のレゴ職人『マスター・モデル・ビルダー』に 

世界で25人目の職人になったボーイフレンド・黒沼誠(中央) (C)ORICON NewS inc.の画像

世界で25人目の職人になったボーイフレンド・黒沼誠(中央) (C)ORICON NewS inc.

 世界に23人しかいないレゴラント・ディスカバリー・センターに在籍するトップレベルの技能を持つレゴ職人『マスター・モデル・ビルダー』を決めるコンテストが25日、お台場のレゴラント・ディスカバリー・センター東京で開催。吉本興業に所属するお笑いコンビ・ボーイフレンドの黒沼誠(くろぬま・まこと/38)と佐藤慧介さんが新たに選ばれた。

【動画】最強レゴファイナリストの審査の様子

 『マスター・モデル・ビルダー』はレゴラント・ディスカバリー・センター来場者に夢や希望を与える子どもたち憧れの職業で、今回3代目となるレゴラント・ディスカバリー・センター東京のマスター・モデル・ビルダーを決定する大会。予選を勝ち抜いた最強レゴファイナリスト6人が出場した。

 1次、2次を勝ち抜き、ファイナリストに。最終審査も見事な作品を作り上げた。今回は史上初の2人が選出され、黒沼と佐藤が選ばれた。黒沼は「技術的なことは全然、足りない。ほかの皆さんがスゴくステキな作品を作っていた。お笑い芸人として盛り上げたい気持ちもあったけど、やっぱりレゴが大好き。まだ本格的にやって、2年ぐらいしか経たない。技術面は、これをきっかけに勉強して上げていきたい」と口にする。

そして「僕のいい部分は子どもが大好き。お子さんにレゴが、もっともっと広がったらいいなと思っている。僕の得意分野はお子さんとのコミュニケーション能力だと思う。そこを高めて、お笑いもレゴも盛り上げていきたい」と抱負を語ると「僕なんかを『マスター・モデル・ビルダー』に選んでいただき、すみません」と恐縮しながら、喜びを語っていた。

 最後は2人で歓喜のレゴブロックシャワー。史上初の2人受賞とあって、用意されたヘルメットが1つだったため、普通の帽子で受けた黒沼だったが「普段、相方から叩かれているので」と笑顔で返していた。

 審査員には東京オリンピック柔道男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平選手をはじめ、教育評論家の尾木直樹氏や放送プロデューサーのデーブ・スペクター、AKB48の谷口めぐ、現役のマスター・モデル・ビルダーが出演した。スペシャルサポーターは、次世代・ボーイズグループのOWV(オウブ)が務めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ