プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

黒木華×杉野遥亮『僕の姉ちゃん』OKAMOTO’S、エンディング曲を担当「1番今輝いてた一曲」

エンディング曲「Sprite」を担当するOKAMOTO'Sの画像

エンディング曲「Sprite」を担当するOKAMOTO'S

 女優の黒木華、俳優の杉野遥亮が出演するドラマ『僕の姉ちゃん』(Amazon Prime Videoにて9月より全話一挙先行配信、テレビ東京にて2022年放送予定)。エンディングテーマが、ロックバンド・OKAMOTO’Sの「Sprite」に決定した。

【写真】久保田紗友ら追加キャストが発表された

 原作は、雑誌『anan』(マガジンハウス)で長期連載されている、年の離れた姉弟のユーモラスな会話を描く益田ミリの同名漫画。輸入家電の会社に勤める30歳の姉・白井ちはるを演じる黒木は、月9ドラマ『イチケイのカラス』で冗談が全く通じない堅物なエリート裁判官を好演するなど、数々のドラマや映画で活躍。冷凍食品メーカーに勤める社会人1年目の23歳、素朴でまっすぐに育ってきた弟・白井順平を演じる杉野も、ドラマ『直ちゃんは小学三年生』や映画『東京リベンジャーズ』などの話題作やCMに出演中。ドラマでは、この2人のユーモラスな掛け合いが見どころとなる。

 さらに追加キャストとして、弟・順平の同期で、順平がひそかに想いを寄せる相手・真田美穂子を久保田紗友、同じく順平と同期で、同期内で1番の人気者・吉岡悟を若林拓也、順平の直属の上司・東海林明日美を平岩紙が演じることも発表された。

<オカモトショウのコメント>
今回、ドラマのエンディングテーマを担当させていただけること光栄です。俺たちの曲の中でも1番今輝いてた一曲が、ドラマの最後に流れてくることでドラマにもそしてOKAMOTO’Sの曲としても新しいレイヤーを生んでくれると思います。皆さんにも気に入ってもらえたらうれしいです!

<杉野遥亮のコメント>
『直ちゃんは小学三年生』オープニングテーマの「Young Japanese」や、『東京怪奇酒』エンディングテーマの「Complication」とOKAMOTO’Sさんに曲を手がけていただいて、今回で3作目、全てテレビ東京なのでこんなことあるのかなと思いました。僕はアーティストではないので、音楽のことを色々と語るのはおこがましいのですが、今回はどんな楽曲になるのだろうと思っていました。実際に聞いてみたら想像とは違っていて、「Sprite」はより一層「僕の姉ちゃん」という作品に寄り添ってくれる印象を受けました。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ