プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

西野七瀬、躍進の秘けつはネガティブ×ポジティブ「20代のうちに苦労しておきたい」

西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.の画像

西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.

 「仕事をする上で不安がないと、逆に不安になるから、常に不安要素を探している」。女優の西野七瀬(27)が映画『鳩の撃退法』(8月27日公開)についてORICON NEWSが行ったインタビューの中でも語っていた言葉だ。

【写真】映画『鳩の撃退法』ヒョウ柄の衣装を着た西野七瀬の出演シーン

 「新たに参加する作品の台本をいただくと、まず自分に務まるかな?と思ってしまう。現場に入ってからもずっと不安。それが嫌じゃないというか、不安がないと逆に怖くて。安心したくない。安心してしまったらその先に何もない感じがするんです。大丈夫かな? 大丈夫かな? 大丈夫だった!という感覚を味わいたくて、不安要素を探しているのかな?と思うこともあります。いろいろなことに悩みつつ、監督やスタッフさん、共演者の皆さんに支えていただきながら、ひとつひとつ『OK』をもらって、不安を終えていく過程が好きなのかな、って思います」

 話を聞いていると、ネガティブとポジティブのハイブリッド(!?)な一面が見えてくる。さらに――。

 「20代のうちにいろいろ経験して、苦労しておきたいな、と思うんです。どうしてそう思うようになったのか、きっかけと呼べるようなものはないんですが、楽な方に流されないようにしよう、失敗するなら20代の今のうちだ、と思っているんです」

 「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざがあるくらいだから、西野の心がけは正しいのかもしれない。

 人気アイドルグループ・乃木坂46でエースとして活躍ののち、2018年にグループを卒業。女優へと転身し、ドラマ・映画・CMなど、各方面で引っ張りだこ。人生初のヘアブリーチをして、スナックのママという今まで経験したことがない役どころに挑んだ『孤狼の血LEVEL2』に続いて、藤原竜也主演の映画『鳩の撃退法』では、パーマヘアのコーヒーショップの店員役で出演。冬には考察ブームを巻き起こしたドラマの劇場版の公開も控える。

 「途切れることなくさまざまな作品に参加できるなんて、すごくうれしいです。グループを卒業する時は、女優としてやっていけるのか、お仕事はいただけるのか、そういう不安でいっぱいだったので、今、違うことで悩めていることが幸せです」

■「日々、上書きされていく感覚」で成長

 映画『鳩の撃退法』は、2020年2月頃、富山で撮影し、感染症が流行する前に撮り終えることができた。それから1年半、次から次へとさまざまな作品の現場に入り、その都度、不安を乗り越えて、「日々、上書きされていく感覚」があるそう。

 「映画は撮影した後、少し時間が経ってから公開されるので、自分で観ると恥ずかしいです。当時の自分が最善を尽くした結果なのだから認めないといけないのですが、今だったらこうするな、もうちょっとこうできたな、と反省ばかりで。この1年半でいろいろ学ばせていただいたんだなという実感はありますね」

 原作は、「月の満ち欠け」で第157回直木賞を受賞した作家・佐藤正午による同名小説。ある天才作家の書き途中である新作小説が、小説と現実、そして過去と現在を目まぐるしく交差していく予測不能の話題作だ。

 主人公・津田伸一(藤原)は、かつては直木賞も受賞した天才作家。東京・高円寺のとあるバーで、担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に、書き途中の新作小説を読ませていた。富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。

 神隠しにあったとされる家族、津田の元に舞い込んだ大量のニセ札、囲いを出た鳩の行方、津田の命を狙う裏社会のドン、そして多くの人の運命を狂わせたあの雪の一夜の邂逅。彼の話はうそ? 本当? 鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか、「検証」を始めるが、そこには「驚愕の真実」が待ち受けていた。

 西野が演じたのは、津田行きつけのコーヒーショップの店員・沼本。正しくは「ぬもと」だが、津田からは「ぬまもと」と呼ばれている。

 「沼本は、下の名前もないですし、詳細な設定がなかった役。出番やせりふも限られる役というのは、違う難しさがありました」

 本作は、小説と現実、そして過去と現在が交錯しながら進む物語。試写会での反応は、「謎が多すぎて一度観ただけじゃ追いつかない! もう1回観たくなる!」「あのラストシーンはどういうこと!?」と、翻ろうされる観客が続出している。

 「最初に台本を読んだ時、私も『どういうこと?』と戸惑いました。完成した映画を観てはじめて、そういうことだったのか、と知ることも多かったので、もう1回観たくなる、という気持ちがよくわかります。そういうことだったのか、というのを知った上で、2回目に津田と秀吉(風間俊介)が出会うシーンを観ると、違った印象を受けるかもしれません。私は、この映画の終わり方が好きなんです。すっきり、とは言い切れないかもしれないけど、ラストの20分、どんどんテンション上がっていきました」

ヘアメイク:猪股真衣子(TRON)/スタイリスト:鬼束香奈子

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ