プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『エリアの騎士』タッグの新連載開始 再びサッカー漫画で中村憲剛ら応援

新連載『iコンタクト』のカラーページの画像

新連載『iコンタクト』のカラーページ

 人気漫画『エリアの騎士』で知られる原作・伊賀大晃(別名・樹林伸)、漫画・月山可也が描く新連載のサッカー漫画『iコンタクト』が、25日発売の『週刊少年マガジン』39号よりスタートした。

【画像】本格的な試合展開!新連載のサッカー漫画のカラーページ

 新連載『iコンタクト』は、公式戦出場を夢見る中学3年のFWのサッカー少年・櫻坂獅子が、陸上部顔負けの俊足はあるが、何度シュートを打ってもフカしてばかりで、万円補欠止まりだった。そんなある日、オンラインサッカーゲームで出会った謎の有名天才ゲーマーただ一人が、獅子に秘められた才能を見抜くストーリー。

 連載を記念して中村憲剛(元サッカー日本代表)は「個人的な感覚で言えば、サッカーゲームで培った創造性は実際のプレーにもとても役立つと思ってますし、自分の頭の中の理想のプレーを表現するトレーニングにもなっています」とし、「40歳までプレーすることができる要因にもなった自分のサッカーのベースでもある「頭を使い、考えてプレーする」ことは現実のトレーニングと同じくらいにサッカーゲームでも培われました。現実に自分のプレーにも反映された部分はありましたし、ゲームでもサッカー脳を養うことが可能だと思っています」とコメント。

 早川史哉(アルビレックス新潟所属)も「自分が子どものころ、サッカーゲームで膨らませたアイデアを、リアルな世界でプレーしようと走り続けた。ピッチでうまくできたことを、サッカーゲームでやってみようとコントローラーを握り続けた。そんな原体験を思い出させてくれた『iコンタクト』。そして、現在。あのころよりもゲームは大きく進化して、よりリアリティを持ってサッカーをコントロールできる。今や、リアルスポーツとeスポーツの境界線は曖昧なになっているのではないか。リアルとオンラインの相乗効果は、自分の原体験を優に超えているとさえ感じている」と興奮気味に語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ