プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

80年代ホラー/スリラー作品に影響を受けたジェームズ・ワン監督、最新作の日本版予告

ジェームズ・ワンによる完全オリジナルストーリー&監督作品となる最新作『マリグナント 狂暴な悪夢』(11月12日公開)(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reservedの画像

ジェームズ・ワンによる完全オリジナルストーリー&監督作品となる最新作『マリグナント 狂暴な悪夢』(11月12日公開)(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 「死霊館」ユニバースの生みの親で、「ソウ」や「インシディアス」シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきたハリウッドホラー界の巨匠ジェームズ・ワンによる完全オリジナルストーリー&監督作品となる最新作『マリグナント 狂暴な悪夢』(11月12日公開)の日本版予告が解禁された。

【動画】映画『マリグナント 狂暴な悪夢』日本版予告

 解禁となった映像は、アナベル・ウォーリス演じるマディソンが、漆黒の殺人鬼による恐ろしい殺人を間近で目撃する悪夢体験に苛まれるシーンから始まる。まるで自分もその場にいるかのように殺人現場を疑似体験するマディソンだったが、少しずつ自身の秘められた過去に導かれていく様子が映し出されている。そして、漆黒の殺人鬼の邪悪な手がついにマディソンの元に…。果たして“狂暴な悪夢”の正体=Gとは?

 これまでホラー映画の概念を覆し、数々の傑作ホラー映画を手掛けてきたジェームズ・ワン監督は自身のFacebookで、”ババ・ソーヤー(映画『悪魔のいけにえ』シリーズの殺人鬼・レザーフェイスの本名)”、”ダリオ・アルジェント(映画『サスペリア』(77年公開)監督)“、”ブライアン・デ・パルマ(映画『キャリー』(76年公開)監督)“、”デヴィッド・クローネンバーグ(映画『スキャナーズ』(81年公開)監督)“といったレジェンド級のホラー・キャラクターと映画監督の名を挙げ、本作は彼らへの愛情と、80年代ホラー/スリラー作品に触発されて制作したとコメント。

 本作は、彼自身のホラー映画のルーツとも言える作品からの影響と、これまでにない新しさが合わさって生まれた、ジャンルを超越した“恐怖の最終進化形”といえそうだ。観客にどの様な新次元の恐怖を与えてくれるのか…?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ