プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

間宮祥太朗、“史上最弱の銀行強盗”役で2週連続ドラマに主演 “人質”は上白石萌歌

スペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』に主演する間宮祥太朗と共演の上白石萌歌の画像

スペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』に主演する間宮祥太朗と共演の上白石萌歌

 俳優の間宮祥太朗が、9月19日から2週にわたって放送される日本テレビ系スペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』(後10:30)に主演することが決定した。間宮はある「事情」を抱えた史上最弱な銀行強盗を演じ、人質となる女弁護士役に上白石萌歌が起用された。なお、2週目は26日の午後11時から放送される。

【写真】「今と全然違う!」間宮祥太朗、胸割りタトゥー&金パツ姿披露

 のっぴきならない事情で銀行強盗に入った主人公・猿渡佐助。しかし、そこには既にもう一組、銀行強盗が。しかも、相手は超強そう…このままじゃ計画が失敗に終わってしまう。そこで「金を持ち帰るのにふさわしいのはどっちか、話し合いで決めませんか?」と提案。人質たちも巻き込んで奇妙な議論が行われる。登場人物に共通しているのは、外見と中身のギャップがあり過ぎること。悪っぽい、真面目そう、おバカっぽい、金が無さそう。「本当の自分は違うのに!」と彼らの本当の姿がわかった時、奇跡の大逆転劇が始まるサスペンスコメディー。

 特徴的なのは、登場人物全員が、見た目からは想像できない“ウラ事情”を抱えており、その真相が明かされていくにつれて、物語は思いもよらぬ方向へ転がっていく展開。そしてラストでは、登場人物全員の“本来の姿”が明らかになると共に、全ての伏線が回収され、超スカッと気持ちいい、大どんでん返しが待っているという。

 2019年放送のドラマ『僕はどこから』で上白石と兄妹役を演じていた間宮は「2度目の共演なので、安心感もありますし、きっと楽しんでフルスロットルに演じてくれるのではないかなと思っています」と期待。一方、どちらが金を受け取るのにふさわしいか強盗の仲介役となる弁護士・大木さくら役の上白石は間宮に「以前血のつながった兄妹役でご一緒したことがあるので、このような形でまた共演させていただけることがとても楽しみです」と喜んでいる。

 人気バラエティー『月曜から夜ふかし』でディレクター経験を持ち、今作で演出を務める水野格氏は「当時僕は、番組のロケで全国津々浦々、多種多様な方々にインタビューをさせていただいたのですが、その際、見た目は奇抜だけど喋ってみると超常識人だったとか、逆に地味な見た目だけどスゴく過激な言動をする人だったとか、たくさんの『見かけによらない人々』に出会い『人間見た目だけじゃ判断出来ないなあ』と思った体験が元になっています」と企画経緯を語る。

 「そんなこのドラマが『多様性』を大事にしたい今の時代に世に出るということは、何か意義を感じるし、見終わった後に何か感じ取っていただけるものがあれば大変うれしいです。とはいえ、一番は純粋に楽しんでいただく事なので、ぜひ気軽に見て頂いて、笑ったり驚いたりして、最後『ああ、楽しいドラマだったな』と思っていただけたら、こんなにうれしいことはありません」とコメントしている。

■キャストコメント
【間宮祥太朗】
なかなか先の読めない予想外の展開が繰り広げられるので、あっという間に脚本を読み終わりました。自分が演じる猿渡佐助に関しては、その展開の真ん中で右往左往する人物なので、視聴者の方々へのリード役となれればと思いました。
役作りについては、水野(格)監督と話をし、衣装合わせなどで想像をふくらませつつも、現場に入ってみないとわからない要素が多い気がしています。上白石萌歌さんとは2度目の共演なので、安心感もありますし、きっと楽しんでフルスロットルに演じてくれるのではないかなと思っています。
ほとんどワンシチュエーションに近い形で進行される物語なので、会話や展開で楽しませていくことのハードルの高さは少々感じていますが、自分自身も現場でどの様な不確定要素が飛び込んでくるかを楽しみにしています。

【上白石萌歌】
大木さくら役を演じます、上白石萌歌です。
脚本を読んだときは、ぶっ飛んだテイストと、ページをめくるたびに点と点が線になってゆく物語の面白さに思わずニヤニヤしてしまいました。
主演の間宮祥太朗さんとは、以前血のつながった兄妹役でご一緒したことがあるので、このような形でまた共演させていただけることがとても楽しみです。
きっと笑いのビタミンをみなさんにお届けできると思います。お楽しみに!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ