プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

阿部サダヲ、連続殺人鬼役を怪演 共演は岡田健史 白石和彌監督が映画化『死刑にいたる病』

阿部サダヲ×岡田健史×白石和彌監督、櫛木理宇の最高傑作を映画化『死刑にいたる病』2020年公開決定 (C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会の画像

阿部サダヲ×岡田健史×白石和彌監督、櫛木理宇の最高傑作を映画化『死刑にいたる病』2020年公開決定 (C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

 映画化が発表されていた「ホーンテッド・キャンパス」シリーズなどで知られる櫛木理宇の小説「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫)の監督に、『凶悪』『孤狼の血』シリーズなどの白石和彌、日本史上類をみない数の若者を殺した連続殺人鬼役に阿部サダヲ、事件の真相に迫る大学生役に岡田健史が決定したことが24日、明らかになった。2022年公開予定。

【写真】「本当にかっこよかった」平九郎を演じ切り笑顔の岡田健史

 警察とやくざの血で血を洗う攻防戦を過激な描写も辞さずに描いた『孤狼の血』(18年)の続編『孤狼の血 LEVEL2』が公開されたばかりの白石監督は、13年度賞レースを席巻した、史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作『凶悪』や、恋愛ミステリーに挑戦した『彼女がその名を知らない鳥たち』(17年)など、日本映画界で最も注目される監督の一人。今回、『そこのみにて光り輝く』『オーバーフェンス』などを手掛けた脚本家・高田亮と初タッグで、観る者を翻ろうする驚愕のサイコサスペンス作品の映像化に挑む。。

 理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也(岡田)の元にある日届いた1通の手紙から始まる物語る。それは世間を震撼させた稀代の連続殺人事件の犯人・榛村(阿部)からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった――。

 連続殺人鬼・榛村を演じる阿部は、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で主人公の田畑政治役を熱演し、白石監督とは『彼女がその名を知らない鳥たち』(ブルーリボン賞主演男優賞受賞)以来のタッグ。

 「俳優をやっていて、『1度は手を出してみたい役』をいただけたので楽しんで演じました。白石組、白石監督の想像を超えるアイデア、どう仕上がって来るのか非常に楽しみです。岡田健史くんとのシーンは相当痺(しび)れました」と、話している。

 収監されている榛村の元に通い事件の真相に迫る筧井雅也を演じる岡田は、ドラマ『中学聖日記』で有村架純の相手役として衝撃のデビューを果たして以来、『MIU404』や『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』、大河ドラマ『青天を衝け』など、話題作への出演が続くが、本作への出演は感慨もひとしおの様子。

 「こんなにも濃密な時間を過ごし、“人”に恵まれ、公開を待っててくださる方々に向けて、伝えたいことが豊富な作品に巡り逢えたという実感に、自分でも驚いています。きっと、今作品で交じり合えた方々との時間は、いつまでも自分の身体に宿り続けることでしょう。勝手ながら一若者として、この方々の魂を受け継いでいきたいと思いました」と、コメント。

 さらに、「筧井雅也はどこにでもいる男性です。“どこにでもいそう”、なのです。故に、この日本において誰にでも起こりうる機微を雅也は持っています」と説明。「作品中に過激な表現も含まれてますが、今作品は雅也と同年代の方々にも是非観ていただきたいです。人は人に怯え、傷つけ、傷つけられて、抱きしめられて、救われてるということ。それはつまり何なんだろうと、思春期に考える時間が欲しかったと自分自身がそう感じるからです。公開をお楽しみに。もう少しの間だけお待ちください」と、呼びかけている。

■白石監督のコメント
 僕自身が10代20代の頃に持っていた鬱屈と、後ろめたい憧れを抱いてしまう殺人鬼。その両方が見事なコントラストで混在している櫛木先生の原作に心を奪われて映画化をお願いしました。阿部さんと岡田さんの邂逅も運命を感じる大きな事件でした。映画を観た後どんな感情が残るのか、僕もとても楽しみです。完成まであと少し。スクリーンでお会いできる日をお待ち下さい。

■原作者・櫛木理宇のコメント
 映画化のお話をいただいたときにまず「やった!」と思い、次に監督が白石和彌さんだとお聞きした瞬間「やった!!!」と感嘆符が三倍になりました。わたしの原作を監督が、このキャストの皆さんが、どう料理してくださったのか想像するだけで胸が高鳴ります。映画館の大スクリーンで拝見できる日を心待ちにしております。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ