プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

乃木坂46大園桃子、引退前ラストステージで涙のスピーチ「私は乃木坂46になることができました」【全文】

卒業・引退を控える乃木坂46の3期生・大園桃子がラストステージで齋藤飛鳥からねぎらわれて号泣の画像

卒業・引退を控える乃木坂46の3期生・大園桃子がラストステージで齋藤飛鳥からねぎらわれて号泣

 アイドルグループ・乃木坂46が22日、マリンメッセ福岡で『乃木坂46 真夏の全国ツアー2021』福岡公演2日目を開催し、9月4日にグループ卒業と芸能界引退を控える3期生・大園桃子(21)の卒業セレモニーも行われた。アンコールが明け、1人でステージに立った大園は5年間の想いをしたためた手紙を読み上げ、2016年9月4日に“3期生の暫定センター”としてお披露目されたときから始まった苦悩や葛藤を赤裸々に吐露。それでも最後には「私は乃木坂46になることができました」と胸を張った。以下、スピーチ全文。

【ライブ写真7点】アンコールでは3期生12人で「三番目の風」

皆さん、今日は楽しんでいただけたでしょうか。最後のスピーチということで、言いたいことをちゃんと言えるように、お手紙に書いてきたので読ませていただきます。

たくさん知っている方もいらっしゃると思うのですが、私は先輩に勧められて、乃木坂46を何も知らない状態でオーディションを受けてしまいました。大人の人の前に立って自分をアピールすることが初めてで、何をしたらいいかわからなくて、本当によくわからないまま時間だけが進んでいき、気づいたら引き返せないところまで来ていました。

3期生として加入して、乃木坂を大好きで入ってきた子、覚悟を持って入ってきている子がたくさんいて、申し訳なくて、罪悪感でみんなの目をすごく気にしていたのを覚えています。

たくさんの人が夢見る大きな舞台に立たせていただいたり、たくさんの人に注目してもらえる位置に選んでいただけたり、ありがたいことなのはわかっていたはずなのに、とてもとても怖かったです。

自分で自分を責めることもたくさん、周りからあまりよくないことを言われることもありました。もともと自信がない私は、本当に押しつぶされそうで、毎日生きることが精いっぱいでした。

よく、目標はありますか? と聞かれることがあります。毎回うまく答えることができず、そんな自分が嫌でした。自分のことが大嫌いで、目標もない、そんな私が乃木坂として何かできるわけがないと、ふさぎ込んでしまった時期があります。あのときは、優しくしてくださる先輩や、同期のみんなに本当に申し訳なく思っていました。

今までたくさん迷惑をかけてしまいましたが、今は5年間乃木坂にいることができて、よかったなと思うことができています。そう思えるのは本当に、家族、メンバー、スタッフさん、ファンの皆さまがたくさん励まし続けてくれて、引き留めてくれたからだと思います。

メンバーが喜んでいるとき、笑っているとき、このグループは本当に温かいグループだなと感じることができました。ずっと見捨てず、守ってくれて、助けてくれて、本当にありがとうございました。みんなが支え続けてくれるその優しさで、前を向けました。

たくさんのステージにみんなと一緒に立って、みんなと同じ制服、衣装を着て、いろんな場所に行くことができて、どれもすごくすてきな思い出になりました。卒業したら会える機会が少なくなると思うと、寂しいです。みんなが笑って、楽しく過ごせたらいいなと思っています。

最初はみんなと違う気持ちで乃木坂に入りましたが、5年間の活動を経て、私は乃木坂46になることができました。これは表面的な意味ではありません。周りの力を借りながらではありますが、私は5年間頑張ってきたんだと、私自身が自信を持ってそう思えるようになったからです。

人はこんなにも変われるんだと驚くくらい、前と比べると想像がつかないくらい、明るく物事を考えられるようになり、明るい気持ちで卒業できることをうれしく思います。

私は乃木坂46に入って、うれしいこと、つらいことを経験して、大好きなみんなと一緒に過ごせたこの5年間を、ずっと宝物にしたいと思います。

本当にお世話になりました。今までありがとうございました。

私は、乃木坂46が大好きです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ