プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小栗旬主演『日本沈没』追加キャスト発表 杉本哲太、風間杜夫、石橋蓮司ら

『日本沈没―希望のひと―』に出演する(左から)杉本哲太、風間杜夫、石橋蓮司 (C)TBSの画像

『日本沈没―希望のひと―』に出演する(左から)杉本哲太、風間杜夫、石橋蓮司 (C)TBS

 俳優の小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(10月スタート 毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして杉本哲太、風間杜夫、石橋蓮司の出演が発表された。

【場面写真】小栗旬、松山ケンイチ、杏らが出演

 原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。

 小栗が今作で演じるのは主人公・天海啓示。目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

 今回、主人公・天海啓示に多大な影響を与える重要な役どころを担う、強力な追加キャストが発表。杉本は、内閣官房長官で“日本未来推進会議”の指揮をとる長沼周也役。小栗とは、『東京DOGS』(2009年)、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(17年)で共演しており、今回の舞台・霞が関でも息の合った掛け合いを見せる。

 天海が東山総理(仲村トオル)に近づくために会いに行くのが、風間演じる生島誠。日本が世界に誇る自動車会社「生島自動車」会長兼経団連会長で、政財界からも尊敬される知識人であり、政治家に最も顔が利く経済人。常盤紘一(松山ケンイチ)を昔からかわいがっていて、彼に紹介されて出会った天海にも好感を示す。

 石橋は、何よりも日本の主張と利益を最優先する生粋の国粋主義者・副総理の里城弦を演じる。日曜劇場の初出演を果たす石橋が、天海の前に立ちはだかる最も大きな壁となっていく。

■以下、キャストのコメント
<杉本哲太>
今回、総理の右腕となるべき内閣官房長官役を演じさせていただきました。若い官僚たちを見守りながらも翻ろうされていく役です。

私的なところですが、『日本沈没』といえば小学生の時に映画館で観た映像が今でもはっきり頭の中に残っています。映画を観たあと小学生なりに「もしこういう状況になったらどうしよう」、「どこに逃げれば自分の身を守れるか」など、つい自分のことばかり考えてしまい、そのあと母に対し、ものすごく申し訳ない気持ちになったことを思い出しました。

この時代何が起きてもおかしくない中で、このドラマを通して、極限の状態の時、人は何ができるのか? 自分だけではなくどこまで他の人たちに思いを巡らせて行動できるのか? ということを改めて考えさせられました。

<風間杜夫>
今回、『日本沈没―希望のひと―』に出演のお誘いをいただいて、脚本の骨格を知れば知るほど、僕自身の背筋を正す思いがしている。東日本大震災から、いま日本が置かれている状況にまでも仮想を導いて、これほどのリアリティを持って真正面から描こうとする作品があるだろうか。非常時に人間のあるべき姿を、社会に示唆して恐れない。俳優として、僕も何かひとつ大事な役割を果たしたような気がする。

<石橋蓮司>
今回のドラマの役柄においては、この過酷なコロナ禍の中で、政治家の皆さんが専門家との確執を抱えながら、政治的判断を下していく姿がいろいろ参考になりました。要するに、楽観主義・自己保身・決断の遅れは、大惨事を招くということです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ