プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

城島茂、メリーさんに感謝「人生の母親だったと思います」 初対面は「注意から始まった」

藤島メリーさんの画像

藤島メリーさん

 TOKIOのリーダー城島茂(50)が21日、テレビ朝日系『週刊ニュースリーダー』(毎週土曜 前6:00)に生出演し、今月14日に肺炎のため93歳で死去したジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長を追悼した。

【写真】TOKIO国分太一もツイッターでメリーさん追悼「感謝しきれないよ」

 初めてメリーさんと会ったのは「15歳の時」で、「少年隊のコンサートの楽屋でお会いしたんですが、あいさつしたら畳に座っていらっしゃったメリーさんが、『あなた、目上の人が座ってるんだから立ってあいさつせず、ちゃんとあなたも座ってあいさつしなさい』と。最初お会いした時は注意から始まったんです」と振り返った。

 「TOKIOはいろいろ、一番しかられたグループかもしれません」と回想し、「怒るというより、ちゃんとしかって、教え諭してくださった、本当によき母親というか、人生の母親だったと思います。優しく厳しい方でしたけど、本当にすてきな母親だったなって思います」とメリーさんの愛に感謝した。

 今年の春からは松岡昌宏、国分太一とともに株式会社TOKIOとして新たにスタートを切り、自身は社長を務めている。「感謝の気持ちは一言で言い尽くせないほどの思いがある。タレントとしても、人としても、いろんなことを教えていただいた。株式会社TOKIOの社長として経営者としても、これからどうあるべきかメリーさんに学ばせていただきました。これからも頑張っていきたいと思います。メリーさん、本当にありがとうございました」と恩人を偲んだ。

 メリーさんは、2019年7月に亡くなった弟で事務所の創業者・ジャニー喜多川さんとともに事務所の経営に携わり、ジャニーズの成長を支えた。長年にわたり副社長を務め、ジャニーさんが亡くなった後、同年9月27日付で事務所の代表取締役会長に就任。昨年9月4日付で退任し名誉会長となっていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ