プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

西川きよし「ついに追い越すことはできませんでした」 笑福亭仁鶴さんを追悼

西川きよし (C)ORICON NewS inc.の画像

西川きよし (C)ORICON NewS inc.

 落語家の笑福亭仁鶴さんが骨髄異形成症候群のため17日に大阪市内の自宅で死去したと、所属する吉本興業が20日、発表した。84歳。訃報を受け、お笑いタレントの西川きよし(75)が追悼のコメントを発表した。

【写真】袴姿でレッドカーペットを歩く笑福亭仁鶴

 西川は「ラジオでは機関銃のようにしゃべり、テレビでは爆笑に次ぐ爆笑。そして劇場では天井がぬけるほどの笑いの波、その後、やすしきよしが出るのです。いつも相棒と仁鶴さんに追いつけ追い越せで頑張ってまいりましたが、ついに追い越すことはできませんでした」と心境を明かした。

 「仁鶴さんの時からです。ヘリコプターやセスナ機で仕事をかけもちするようになったのは。四角い仁鶴さんがまるくかわいい隆子姫(奥様)にもうすぐお会いできますね」と語り、「本当におつかれさまでございました。ごゆっくりお休みください。ご冥福をお祈り申し上げます」と悼んだ。

 仁鶴さんは大阪市生野区出身。1962年、6代目笑福亭松鶴に弟子入りし、翌年、3代目林家染丸師匠からの紹介で弊社に所属。劇場で高座に上がりながら、テレビ、ラジオ、ドラマ、映画、舞台など多彩な才能を各方面で発揮した。

 深夜ラジオ番組『オーサカ・オールナイト夜明けまでご一緒に』(ラジオ大阪)、『ABCヤングリクエスト』(朝日放送ラジオ)などでは、現代のラジオ番組の原型を作り上げ、ラジオ番組内で「どんなんかな~」「うれしかるかる」などのギャグを連発し、当時の若者から絶大な人気を得た。

 1967年4月には、吉本新喜劇女優で「たかこ姫」の愛称で親しまれた永隆子さんと結婚。その後は、1969年スタートの『ヤングおー!おー!』(毎日放送)では初代司会者に抜てきされるなど、その人気ぶりから「視聴率を5%上げる男」と評された。同年、ラジオ番組の企画で自ら作詞を手掛け、ビル掃除で働き懸命に子どもを育てる母親にエールを送る楽曲「おばちゃんのブルース」は大ヒットした。

 1985年に始まり、「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ~」のセリフで有名な法律バラエティ番組『バラエティー生活笑百科』(NHK大阪)では、30年以上司会を務め、長きにわたり、お茶の間に親しまれた。70歳を超えてからも精力的に落語の独演会を開催し、晩年になんばグランド花月で披露した「不動坊」は後輩たちが継承する上方落語の代表作となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ