プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

吉本新喜劇・末成映薫&島田珠代、ギャグ封印で『IP~サイバー捜査班』出演

テレビ朝日系『IP~サイバー捜査班』第6話より (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系『IP~サイバー捜査班』第6話より (C)テレビ朝日

 俳優の佐々木蔵之介が主演するテレビ朝日系木曜ミステリー『IP~サイバー捜査班』(毎週木曜 後8:00)。19日放送の第6話では、超高級IoTマンションを舞台に、ママ友バトルによる殺人が発生? 人間の感情に興味がないと言ってきた“超デジタル男”安洛(佐々木)に、大きな変化が生じる。

【写真】謎の匿名アイドル役で出演した島崎遥香

 安洛は人間の感情を理解できず、ムダが大嫌いで「2分はムダにした」「3分は節約できる」と仲間とのコミュニケーションも“時短”ですませようとする変わり者。しかし、お茶目な一面もある愛すべき男となっている。

 第6話では、その安洛に大きな変化が。新人刑事・古宮山絆(福原遥)のもとを訪れ、「時間をムダにした…」とつぶやきながら“あるもの”を手渡すシーンが登場する。人間の感情に興味がなく、ムダ嫌いの安洛が、ムダだとわかっていても届けたいと思ったものとは、いったい。照れ隠しなのか、絆の前で浮かべる微妙な表情にも注目してほしい。また、安洛の弱みを探ってきた多和田昭平(間宮祥太朗)は、その変化を感じ取っているのか、いないのか。多和田の動向からも目が離せない。

 そんな安洛たち京都府警・サイバー総合事犯係が捜査するのは、超高級IoTマンションで有名漫画家のセレブ妻が自殺に見せかけて殺害された事件。現場はIoT技術が証明する完全な“デジタル密室”状態だったが、安洛はマンションの“裏ママ友会”SNSを発見。被害者のママ友たちはこぞってシングルマザー・三好祐美子(酒井若菜)への疑いを書き込んでいて。はたして、ママ友コミュニティで何が起きていたのか。殺人の背後で起きていた、壮絶なママ友バトルとは。

 酒井演じる疑惑のシングルマザーの息子・櫂人を演じているのは若手俳優の田中奏生。田中は『BG~身辺警護人~』(2018年、2020年)で木村拓哉演じる主人公の息子役を演じ、注目された俳優。子役として2010年から活動し、酒井とは6歳のころ、ドラマ『シングルマザーズ』(2012年/NHK)以来9年ぶりの共演となる。

 また、今回は吉本新喜劇のベテラン女優陣がママ友バトルに参加。ギャグ職人の島田珠代がマンション住人のママ友役、新喜劇のレジェンドの1人である末成映薫が被害者の母親を演じている。2人とも、お得意のギャグは封印。女優として、高級マンションに渦巻く、女たちの愛憎を表現している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ