プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『CUBE 』謎解きクリエイター・松丸亮吾とコラボ 超難問作成中

映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)主演の菅田将暉、謎解きクリエイター・松丸亮吾(C)2021「CUBE」製作委員会 の画像

映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)主演の菅田将暉、謎解きクリエイター・松丸亮吾(C)2021「CUBE」製作委員会 

 1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る映画『CUBE』を、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督公認のもと、菅田将暉主演でリメイクした日本版『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)。毎日18日<「CUBE」=部屋の日>の新着情報第5弾は、謎解きクリエイター・松丸亮吾とのコラボレーション。「1000組に1組しかクリアできない」超高難易度問題を準備しているとのことだ。

【動画】映画『CUBE 』松丸亮吾が360度カメラで撮影現場に潜入

 誰もがひらめきを楽しめる謎を展開するクリエイターであり、謎解きを世に広めるために活動する松丸。実はオリジナル版『CUBE』の大ファンを公言していたことから、本作制作時に既にコラボが決まっており、撮影現場を見学していた。その時の、360度カメラを片手に潜入した撮影スタジオのレポート映像が公開となった。

 実際にCUBEのセットの中に入った松丸は「360度全部CUBE! すごい迫力!」と、セットのクオリティの高さに興奮気味。そしてCUBEの色がどんどん赤くなると「ヤバいヤバい!」とまたまた大興奮! 大好きな作品のセットに入り、終始興奮している松丸の様子を見ることができる。なお、今回の映像は360度カメラで撮影しているため、視聴する人が自在にカメラの角度を変えることができる、全く新しい特別な映像になっている。

 松丸は実際に俳優たちが演技をしている現場も見学。日本を代表する名優たちの演技合戦を目の当たりにした。完璧に見えるシーンでも、少しでも納得いかないことがあれば撮り直しをするという徹底ぶりに、「照明の位置や、役者の立ち位置など、細かいところ一つ一つへのこだわりが凄い!」とスタッフや俳優たちの細部へのこだわりに驚嘆していた。
 
 さらに撮影現場では主演の菅田と対面。実は時々脱出ゲームなどに遊びに行って、謎解きに挑戦しているという菅田が「最後の最後でクリアできなくて悔しい」と話すと、謎を作る側の松丸は「最後の最後でクリアできないようにしています(笑)」と、二人で謎解きについて語り合う一幕も。

 松丸は本作とのコラボ企画で実際に問題を絶賛作成中。通常「10組挑戦したら1組クリアできる」ぐらいの難易度で問題を作ると語っているが、本作とのコラボはさらに盛り上げるために「1000組に1組がクリアできる」レベルの、超高難易度の問題を作っている」と豪語すると、菅田も「楽しみだなあ」と期待を隠せない様子だった。

 また、現場では千陽役の田代輝とも対面。松丸の大ファンという田代は、劇中では見られない(?)満面の笑みで両手の親指と人差し指を使った「CUBEポーズ」で、松丸と記念撮影も。

 映画『CUBE 一度死んだら、最後』と松丸亮吾のコラボ企画、「1000組に1組しかクリアできない」超高難易度問題の続報が待たれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ