プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

乃木坂46高山一実、9月末で卒業 ラストライブは東京ドーム「生まれ変わってもこの人生でいたい」

9月末で乃木坂46を卒業することを発表した高山一実 (C)ORICON NewS inc.の画像

9月末で乃木坂46を卒業することを発表した高山一実 (C)ORICON NewS inc.

 アイドルグループ・乃木坂46の1期生・高山一実(27)が22日、YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」で行われた生配信番組『乃木坂46分TV』で9月22日発売の28thシングル(タイトル未定)の活動をもってグループから卒業することを発表した。

【動画】生配信番組終盤に発表「乃木坂46を卒業します」

 番組終盤に登場した高山は「緊張しているのでうまくしゃべれるかわかりませんが、次のシングルをもちまして、私は乃木坂46を卒業します。10年間支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました」と一礼し自ら発表した。

 番組での発表は自身が希望したといい、「昔からのスタッフさん、メンバーのみんなの前での発表というのが私はすごく安心できるなと思って、この場を選ばせていただきました」とあいさつ。イベントとしては9月8・9日の東京ドームが最後になるといい、卒業時期については「28枚目シングルが9月22日に発売になるので、9月末までリリースのためのプロモーション活動をして、最後まで頑張れたらなという気持ちです」と語った。

 続けて、今月19日から新メンバーオーディションの募集が始まったことにも触れ、「私はこの10年間で本当にたくさんの幸せをいただいて、10年前の夏休み、人生が変わって、生まれ変わってもこの人生でいたいなというくらい幸せでした。まだ見ぬ新メンバーのみんなが、そういう気持ちを手にしてくれるんだろうなと思うと、私もすごくうれしいです。最後までまだ2ヶ月くらいあります。みなさんと一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思います。今まで本当にありがとうございました」と笑顔で伝えた。

 涙をぬぐいながら発表を見守っていた同期の樋口日奈は「涙が止まらない。行かないでと思う気持ちと、10年間いっぱい頑張ってきたから応援したいなと言う気持ち。こんなに涙が出るってことは、乃木坂46で出会って、かけがえのない存在になっていたんだなと思う」と本音を明かした。

 キャプテンの秋元真夏も涙ながらに「かずみんがいる乃木坂46がすごく大好きで…。楽しい乃木坂46を作ってくれてたのがかずみんだったから、これからどうなるのか全然想像ができないけど、かずみんと同期として活動できた時間って貴重だったし、ありがたかった。いろんなものをかずみんからもらったから、もらったものをこれから入ってくる後輩たちにもしっかり伝えて、かずみんが作ってくれた笑顔の乃木坂46を引き継いでいきたい」とメッセージ。

 齋藤飛鳥は変顔をする高山に笑顔を見せながら「ずーはこういう瞬間でもみんなを楽しませようとか、本人が一番くるものが合っただろうに、笑顔でしゃべってくれているのを見て、そういうずーの良さをみんなわかってるから、ずーの未来がすごく幸せであってほしいなと思うし、明るい未来があってほしいなって。今はそれしかないかな」と語った。

 高山は2011年8月21日に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、まもなく10周年を迎える。2012年2月のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」から最新シングルまで27作連続で選抜入りしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ