プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Travis Japan、ドキュメンタリー第3弾はピコ太郎とコラボ 『テクノ』テーマに6時間でダンス振り付け

『〜EP.3:Techno〜 Travis Japan×PIKOTARO』に出演するTravis Japanとピコ太郎 (C)BSフジの画像

『〜EP.3:Techno〜 Travis Japan×PIKOTARO』に出演するTravis Japanとピコ太郎 (C)BSフジ

 ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanが、7月31日放送のBSフジ『~EP.3:Techno Travis Japan × PIKOTARO』(後11:30)に出演する。ハイレベルなダンスパフォーマンスで世界を見据えて活動する同グループによるドキュメンタリー第3弾で、今回は“テクノ”をテーマに世界中で「PPAP」旋風を巻き起こしたピコ太郎とのコラボレーション。課題曲は、音楽プロデューサー・古坂大魔王が提供し、ピコ太郎と古坂が全面協力のもと、Travis Japanをバックアップする。

Travis JapanのTV出演情報

 同番組では、その卓越したダンススキルという武器をさらに磨くため、メンバー7人が世界で活躍する日本人アーティストとコラボレーション。表現者たちが創り出す世界観の掛け算、化学反応や奇跡の瞬間、メンバーの真剣な表情から素顔。ダンスへの情熱と仲間との絆を感じる1時間となっている。

 全国ツアー中のある日、番組スタッフは彼らの前にサプライズで登場。驚きまくりの彼らに過去2回同様、過酷なミッションを告げる。それは(1)『課題曲』に、6時間で振りを付ける!(2) パフォーマンスは、1カメ&1カット!(3)ダンスの中に「コミカル」な要素を入れる!(4) 曲中で2組に分かれたシーンを作る!(5)メインの振付を担当する1人をくじ引きで決める!。

 さっそく、挑戦するダンスのジャンルが『Techno』(テクノ)だと知ると「オオー!」と歓声が。さらに、コラボレーション相手がピコ太郎だとわかると、「えーーー!?」と大興奮。2016年、世界を席巻した「PPAP」の曲が流れ、ついつい踊り出す松田元太や中村海人。続いて、ピコ太郎のプロデューサー・古坂がVTRで登場。ピコ太郎と同様に、世界を目指し、Made in Japanを発信しようとするTravis Japanを応援したいと、今回、新曲を制作したという。

 そして、課題曲のお披露目。曲の途中でも歓声があがり、吉澤閑也は「早くやりたい!」と笑顔。前回、リーダーの大役を果たした七五三掛龍也は「曲がかっこいいのでどう仕上がるか楽しみ」と語る。だが、さきほどまで、ノリノリだった松田は「俺はこの曲ではリーダーをやる自信がない…」と早くもリーダー決めに緊張気味。

 なんといっても今回の最大のミッションは“かっこいい”と“コミカル”を共存させること。この難しい課題に、中心となって挑むのが振付リーダー。川島如恵留は「僕たちにとって新しいジャンルなので、誰がやるかによってだいぶ変わってくる」と語り、松倉海斗は「前向きです!」と元気いっぱい。宮近海斗は「ステージは用意していただいたので、今度は僕たちが“かっこいい!”と思ってもらえるものを魅せたい」と力強く語る。運命のくじはまたもや中村の手に託されると「俺、きょうは〇〇(メンバーの名前)を引く気がする」と一言。その予想は当たるのか…。

 そんななか、古坂から衝撃のメッセージ。「テクノは、踊るには向いているが、ダンスには向かない」「え!振付の制限時間6時間?」「無理です」…とスタート前から大きなプレッシャーがメンバーにのしかかる。さらに古坂は3つのポイントを挙げる。冒頭で “つかめるか”、オケを体で “表現できるか”、最後の盛り上がりで、自分の、Travis Japanのスキルを“出し切れるか”…。この3つのポイントを振付リーダーはどう解釈し、ダンスで表現していくのか。提供してくれた古坂へ、世界へ羽ばたいた先人・ピコ太郎へ、そして世界中の人へ、7人は力を合わせて“This is Travis Japan”を魅せることができるのか。

 なお、21日の午後5時から番組放送終了までの期間限定で、番組の予告編をBSフジ公式YouTubeチャンネルで公開。また、世界的ギタリスト・MIYAVIとのスペシャルコラボステージ『~EP.1:ROCK~ Travis Japan×MIYAVI』を7月31日の午後3時から再放送する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ