プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

A.B.C-Z河合郁人“ものまね芸人枠”で『ホンマでっか!?TV』参戦 神奈月とのコラボも

21日放送のバラエティー『ホンマでっか!?TV』(C)フジテレビの画像

21日放送のバラエティー『ホンマでっか!?TV』(C)フジテレビ

 21日放送のフジテレビ系バラエティー『ホンマでっか!?TV』(後9:00)では、「ものまね芸人集団人生相談」を実施。河合郁人(A.B.C-Z)が、ジャニーズ事務所のものまね芸人枠で参戦を果たし、原口あきまさ、神奈月、ホリ、ミラクルひかる、山本高広とともに相談を行っていく。

【番組カット】ものまね芸人が『ホンマでっか』に集結

 「SMAPに囲まれているくらい緊張する」と河合も違和感が隠せないが、芸人たちとともに「自分の中ではやっているものまねが無意識に出てしまう」など、日常生活でこまること、本人と会いにくいこと、ネタのアップデートが大変など、ものまねが得意だからこその職業病やものまね芸人特有の悩みを、ものまねを次々と織り交ぜながら相談していく。

 評論家からは「ものまねをするのは、人間の本性。ものまねをすることで人間は成長して、マネをしたあとに独創性が生まれる」と脳科学的な目線からアドバイスを受ける。「ものまねは自然にやっているので、なんでおもしろいのか分からない」とつぶやく芸人たちにも、その理由やおもしろくなるモノマネのツボを答えていく。

 そのうち、番組は相談というよりもものまね合戦、そして木村拓哉のあるある合戦に突入。河合の“スイッチが入る木村拓哉のものまね”と、神奈月の“武藤敬司ものまね”とのコラボも実現し、明石家さんまも「やりたいものまねやるのやめよう」とツッコミを入れる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ