プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

鈴木亮平“悪のカリスマ”に充実感 共演者も撮影現場でビビる「やべー奴が来た」

“悪のカリスマ”への充実感を語った鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.の画像

“悪のカリスマ”への充実感を語った鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の鈴木亮平が20日、都内で行われた映画『孤狼の血 LEVEL2』孤狼祭―コロフェス-完成披露プレミアイベントに出席。今作では“残虐非道な悪のカリスマ”上林組組長・上林成浩を演じており、MCを務めたケンドーコバヤシから「非道さに引いています」と向けられると「ずっと攻めの芝居だったので、悪役としての醍醐味。こんなに攻めてばっかりはなかった」と声を弾ませた。

【動画】「非道さに引いています」ケンドーコバヤシからストレートな感想を受けた鈴木亮平

 同作は、2018年公開の前作『孤狼の血』から、3年後が舞台。広島の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂桃李)。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく。原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなっている。

 鈴木のインパクトは絶大だったようで、共演者の早乙女太一が「前作を見てから入らせてもらったので、あの怖い世界に入ると思うと、めちゃくちゃ緊張しましたね。現場に行くのが本当に怖かったです(笑)。亮平さんは、撮影がない時もたまに見に来られたりされたのですが、ジャージにマスク姿で、亮平さんとわからずに『本当にやべー奴が来たんじゃないか』って思っちゃいました」と証言。鈴木は「パトロールです(笑)。上林組の登場シーンが少ないけど『ちゃんといるぞ』と伝えたかった」と茶目っ気を交えて答えていた。

 イベントにはそのほか、松坂桃李、村上虹郎、西野七瀬、斎藤工、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎、白石和彌監督、原作者の柚月裕子氏、s**t kingzも出席。同作は8月20日に公開される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ