プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ジャニーズWEST小瀧望『検察側の証人』メインビジュアル公開 “容姿端麗な容疑者”の姿が明らかに

舞台『検察側の証人』メインビジュアルの画像

舞台『検察側の証人』メインビジュアル

 人気グループ・ジャニーズWESTの小瀧望が出演し、28日から9月12日まで東京・世田谷パブリックシアターにて上演される舞台『検察側の証人』のメインビジュアルが公開された。小瀧演じる“殺人容疑”をかけられる容姿端麗な青年・レナード、瀬奈じゅん演じるレナードの妻・ローマイン、成河演じる検事・マイアーズの姿がスタイリッシュに映し出された一枚となっている。

【画像】舞台『検察側の証人』ロゴ

 ミステリーの女王と呼ばれる世界的な推理小説家アガサ・クリスティが戯曲作家として残した傑作。『ねずみとり』『蜘蛛の巣』などと並んで世界中で上演され、舞台劇の最高峰と称賛される法廷ミステリーの決定版。翻訳・演出は、『読売演劇大賞 優秀演出家賞』など数々の演劇賞を受賞している演出家・小川絵梨子氏が手掛ける。

 物語は、容姿端麗な青年レナード(小瀧)が資産家で独り身の婦人を撲殺した殺人容疑で起訴されるところから始まる。彼は全くの無罪を主張しているものの、状況証拠は不利なものばかり。被害者とレナードは、道で困っているところを彼に助けられて以来交流があり、事件当日も被害者宅を訪ねていたこと、事件当時、彼は無職で金に困っていたこと、そして、彼には確実なアリバイが無いこと――。

 レナードはあえなく逮捕され、敏腕検事のマイアーズが事件を担当することに。彼を裁く法廷が開かれ、法廷弁護人と検事の答弁が白熱の応酬となるなか、唯一のアリバイを妻ローマインが証言する、はずだった。しかし、法廷に立った彼女から口を突いて出た言葉は、彼から『婦人を殺した』と告白された、という検察側の証人、としてのものだった…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ