プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

クミコ、酒井政利さん追悼「この世で出逢えたことに感謝」

クミコ (C)ORICON NewS inc.の画像

クミコ (C)ORICON NewS inc.

 音楽プロデューサーの酒井政利さんが16日、85歳で亡くなった。歌手のクミコ(66)が19日、所属事務所を通じ追悼コメントを寄せた。

酒井政利さんのプロフィール

 「酒井さんとは、晩年のお仕事をご一緒させて頂きました。『妻が願った最期の七日間』という遺された家族への想い溢れる歌でした。酒井さんは、業界のレジェンドなのに、それを微塵も感じさせない知的でユーモアのある青年のような方でした。酒井さんにこの世で出逢えたことに、心から感謝しています」と思い出を語った。

 また「今日はコロナ禍で延期されていたホールコンサートの日で、この歌を唄いました。もうその時に、酒井さんは天に旅立たれていたのですね」と思いを馳せた。

 酒井さんは1935年生まれ、和歌山県出身。1961年、日本コロムビアに入社後、68年にCBS・ソニーの第1期生として企画制作部に入社した。その後、山口百恵の「秋桜」「プレイバックPart2」、ジュディ・オングの「魅せられて」、松田聖子の「裸足の季節」など、歌謡史に残る名曲の数々を手掛けた。

 60年におよぶプロデュース活動で、350人余りのアーティストを世に送り出す。売上げ累計は約8700億円にのぼり、「伝説のプロデューサー」の異名をとった。一方、TBS系『ブロードキャスター』、テレビ朝日系『スーパーモーニング』のレギュラーコメンテーターを務めるなど、テレビでも活躍した。

 2005年12月には、文化庁より功績が認められ、音楽業界初の文化庁長官表彰を受賞。2020年11月には文化功労者として顕彰された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ