プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『au』2021年上半期CM好感度1位 TOP5に通信系のブランド並ぶ

KDDI『au』が2021年度上半期銘柄別CM好感度ランキングで1位に(C)ORICON NewS inc.の画像

KDDI『au』が2021年度上半期銘柄別CM好感度ランキングで1位に(C)ORICON NewS inc.

 CMに関する調査を行うCM総合研究所は19日、2021年上半期(2021年1月度~ 6月度)にCMを放送した全4859銘柄のうち、KDDI『au』が、CM好感度の総合1位となったことを発表した。『au』は、俳優の松田翔太、桐谷健太、濱田岳が出演する「三太郎」シリーズが引き続き多くの支持を獲得。2月以降はオンライン専用の料金プラン『povo』のCMを中心にオンエアした。

【一覧表】『2021年上半期 銘柄別CM好感度トップ10』ランキング表

 2位から5位まで通信サービスのブランドが並び、2位の『SoftBank』は、松本人志(ダウンタウン)を起用した「勝手にHERO’S」シリーズがヒット。ガールズグループ・NiziUとコラボした『5G LAB』、ブルース・ウィリスらが出演する「5Gってドラえもん?」シリーズなど5G関連の訴求も好評で、CM好感要因の「時代の先端を感じた」では首位に輝いた。

 続く『NTT DOCOMO』(3位)は、女優の浜辺美波と“ポインコ兄弟”が『d払い』などのキャッシュレスサービスを訴求するCMがヒット。また。YOASOBIの「三原色」をBGMに、女優の森七菜と俳優の神尾楓珠が共演した『ahamo』のCMが快走した。

 5位につけた『楽天モバイル』は、女優の米倉涼子と“楽天カードマン”(川平慈英)がスマホで通話しながら料金プランの特長を紹介するCMを中心に放送した。6位の『AGC』は、女優の広瀬すずが「♪Aではじまり Cでおわる 素材の会社は AGC」という歌に乗せて企業ロゴをアピールするCMで好評価を獲得。放送回数では257位ながらCM好感度は6位と効率の良さが際立った。

 また、桑田佳祐の楽曲をBGMに女優の綾瀬はるかが出演する『UNIQLO』(7位)や、俳優の吉沢亮や女優の橋本環奈、振付師のパパイヤ鈴木らがパフォーマンスグループ“SOLIO5”に扮するスズキ『ソリオ』(8位)など、音楽をフックに支持を集めたブランドが目立った。

 9位のリクルート『タウンワーク』は、女優の芦田愛菜とともに本人役で出演した俳優の木村拓哉が撮影現場で「タウンワークって何?」などと尋ねるシリーズがヒットした。

※2021年上半期のCM展開(東京キー5局):1917社/4859銘柄/9491作品
集計期間:2021年1月度~6月度(2020年12月20日~2021年6月19日)
関東1都6県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の6ヶ月分より集計

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ