プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『Girls Planet 999』日本参加者公開 博多華丸の次女・岡崎百々子、虹プロ参加者も

『Girls Planet 999:少女祭典』Jグループ(日本参加者)33人のプロフィール公開の画像

『Girls Planet 999:少女祭典』Jグループ(日本参加者)33人のプロフィール公開

 8月6日からABEMAで国内独占無料放送(日本語字幕付き)されるグローバルガールズグループデビュープロジェクト『Girls Planet 999:少女祭典』に参加する日本、韓国、中国の参加者99人のプロフィールが公式サイトおよび公式SNSで出そろった。

【写真】日本参加者33人写真&プロフィール公開 元さくら学院・岡崎百々子も

 応募総数1万3000人の中から、日本、韓国、中国のオーディションを通過した各地域33人、計99人が挑戦する『Girls Planet 999:少女祭典』。参加者のプロフィールはKグループ、Cグループ、Jグループの順に公開され、きょう19日に日本からの参加者・Jグループのプロフィールが解禁となった。

 元さくら学院のメンバーで、お笑い芸人・博多華丸の次女の岡崎百々子、元Prizmmy☆の久保玲奈、アイドルグループの現役メンバーや『PRODUCE 48』『Nizi Project』といった日本でも話題になった大型オーディション番組参加者、大手芸能事務所の練習生など、ビジュアルと実力を兼ね揃えたメンバーが多数いることが明らかになり、SNSをにぎわせている。

 『Girls Planet 999:少女祭典』は、ドラマ『愛の不時着』の製作をはじめ、アジア映画初のアカデミー作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』の投資制作・配給、ENHYPENが誕生し話題となった『I-LAND』や、IZ*ONEやJO1ら数多くの人気グループを輩出した『PRODUCE』シリーズなど数多くの人気番組を仕掛ける企業CJ ENMが手掛ける新たなオーディションプロジェクト。99人の少女たちを支え、見守る「K-POPマスター」には、元Wonder Girlsのソンミ、少女時代のティファニーが就任。このほかにも、参加者たちの実力を向上させる「専門家マスター」としてそうそうたる面々の参加が発表されている。

 番組は8月6日スタート。日本ではABEMAが日韓中同時、日本語字幕付きで国内独占無料放送する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ