プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『シェフは名探偵』第7話 お嬢様の幼なじみ・遥香(鞘師里保)が登場

『シェフは名探偵』第7話の場面カット (C)「シェフは名探偵」製作委員会」の画像

『シェフは名探偵』第7話の場面カット (C)「シェフは名探偵」製作委員会」

 俳優の西島秀俊が主演を務めるテレビ東京系の連続ドラマ『シェフは名探偵』(毎週月曜 後11:06)の第7話が、きょう19日に放送される。

【場面カット】「ビストロ・パ・マル」に新たな事件が…

 今作で主演の西島は、小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ・三舟忍を演じる。冷静沈着そして穏やか、一見何を考えているかわからない。でも実はすぐにお節介を焼いてしまうシェフの三舟が、人並み外れた洞察力と推理力で、訪れた客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解くグルメミステリードラマを展開していく。

 そんな異色シェフの三舟を取り巻く個性豊かな顔ぶれとして、「ビストロ・パ・マル」で一番新人のギャルソン・高築智行を濱田岳、三舟の片腕を務めるスーシェフ(副料理長)・志村洋二を神尾佑、ワイン好きが高じてOLからソムリエに転職した金子ゆきを石井杏奈が演じる。

■第7話のあらすじ

山下嗣麻子(宮下かな子)が持ち込みワインの相談で来店。まだ若いのに驚くほど高級な逸品だ。どうやら嗣麻子はお嬢様で、翌日集まった仲間は彼女の鼻に付く行動にうんざりしている様子。中でも幼なじみ・遥香(鞘師里保)は特に嫌っているようで…。

また、メニューにない牛肉のタルタルステーキを食べるだけでなくメニューに載せてほしいという変わった予約が入る。しかも「タルタルステーキは置いてあるか」と尋ねる客・緒方(熊谷真実)が現れ…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ