プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

濱田崇裕“武士・逢坂くん”の原点シーン公開 身を潜めて春画描く

『武士スタント逢坂くん!』第1話に出演するジャニーズWESTの濱田崇裕 (C)NTV/JSの画像

『武士スタント逢坂くん!』第1話に出演するジャニーズWESTの濱田崇裕 (C)NTV/JS

 人気グループ・ジャニーズWESTの濱田崇裕(※濱は旧字体)が主演を務める、日本テレビの深夜ドラマ『武士スタント逢坂くん!』(26日スタート/初回・第2話は深夜1時09分から)第1話より、性の交わりを描いた浮世絵=春画師だった武士の逢坂総司郎(濵田)こと“逢坂くん”の江戸時代シーンが公開。まさに“原点”といえる、着物姿で春画を描く場面となっている。

【場面写真】本格的な江戸ロケを敢行

 今作は、2019年11月~2021年4月まで『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載された漫画を実写化。春画が理由で死ぬはずだった逢坂は、令和の漫画家・宮上裕樹(今井隆文)の元へタイムスリップ。現代で自由にあふれる「エロ漫画」に感激する。そんな「まん画」に出会った逢坂が、時代を超えて「エロ」に「恋」と「自分の春」を見つけ出し、漫画家アシスタントとして現代で生きていく物語。

 寛政3年今から230年前、武士の逢坂はは春画師として闇夜で春画を売る日々を送っていた…。春画とは浮世絵の一種。男女の交わりの情景を描いたものであったため、物語では大名の鶯谷寛喜により流布が禁じられていたのである。

 令和の街にあふれる、「春」に感動が止まらない背景には、決してバレることのできない厳しい時代を過ごしていたことが分かるこのシーン。江戸時代のリアルな情景を映し出すため、シンドラ史上初の本格江戸ロケを決行。過去から現代に現れ漫画家のアシスタントとなる武士・逢坂の原点を見せる重要な場面の街並みや風景にも注目だ。

 逢坂の描く劇中漫画・春画を担当するのは、イラストレーター・グラフィックデザイナーのNAGA氏。逢坂くんの画を担当し、「ギャグ漫画のタッチで浮世絵を掛けたことがとても新鮮で楽しかったです」と感想を語る。逢坂の描く春画と現代の漫画を組み合わせた新しい世界観は本編にて確認することができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ