プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

飛羽真・内藤秀一郎、まさかの織姫に“変身” 『セイバー』&『ゼンカイ』コラボ回で女装連発

内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.

 波乱のストーリーが展開されている『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00、テレビ朝日系)。「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」のWアニバーサリー映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』公開記念合体スペシャル 特別章「界賊来たりて、交わる世界。」が、18日に放送された。

【写真】「普通にかわいい」介人・駒木根葵汰の美脚&へそチラ

 飛羽真(内藤秀一郎)らの前に不穏な願いを短冊に書き込み、人々を混乱させる奇妙な怪人が現れた。飛羽真、倫太郎(山口貴也)、賢人(青木瞭)はライダーに変身、怪人を止めようと襲いかかる。と、そこへまたも謎のヒーローが現れ、怪人を攻撃。追い詰められた怪人は短冊を使いセイバーらを盾にすると、その場からまんまと逃げていく。

 何が何やらさっぱりわからない飛羽真らは、ヒーローの正体・ゾックス(増子敦貴)から自分は並行世界からやってきた世界海賊、通称・界賊で、怪人も同じく並行世界からやってきたオリヒメワルドだと聞かされる。界賊という存在に興奮した飛羽真は小説のネタができたと、「大事なお宝がなくなってしまう」と小説の書き出しをメモ。が、メモした紙はオリヒメワルドが落としていった短冊で。たちまち飛羽真ら剣士たちの手元からワンダーライドブックが消えてしまい…。

 改めてオリヒメワルドを見つけた飛羽真らは、短冊が人の心理に影響するだけの効果しかないことを確認。自分たちにとっての“お宝”ライドブックは目に見えないだけで、実は奪われてはいないことに気づく。飛羽真らは見えないライドブックを手にすると、芽依(川津明日香)に手伝ってもらい、ライダーに変身。ツーカイザーと力を合わせてオリヒメワルドを撃破する。

 この日のコラボ回では、『ゼンカイジャー』で凌牙(庄野崎謙)と介人(駒木根葵汰)が女装することが大きな話題となっていたが、『セイバー』では内藤が織姫を説明するために自ら“織姫”に変身。ファンからは「飛羽真くん、ナチュラル過ぎる」「ワルドの力じゃないんだ」とツッコまれていた。放送後、内藤は「諸田監督には女装いんじゃない?って言ってもらったあとに、俺は無理だけどとも言われた」と裏話を明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ