プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』カンヌで脚本賞はじめ4つの賞に輝く

第74回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した『ドライブ・マイ・カー』濱口竜介監督(C) Kazuko WAKAYAMAの画像

第74回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した『ドライブ・マイ・カー』濱口竜介監督(C) Kazuko WAKAYAMA

 俳優の西島秀俊が主演を務め、村上春樹の短編を映画化した濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』が、「第74回カンヌ国際映画祭」で日本映画として初となる脚本賞を受賞。賞は共同脚本を務める濱口竜介監督と大江崇允、二人に贈られた。また、授賞式に先駆けて発表された、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞も受賞。3つの独立賞と脚本賞を同時に受賞するのも同映画祭初。カンヌの歴史を塗り替える偉業を達成した。

【動画】濱口竜介監督授賞式でのスピーチ

 フランス現地時間17日(日本時間18日)に行われた授賞式の直後、受賞者による記者会見が行われ、濱口監督が登壇。脚本賞受賞の喜びを語った。

 濱口監督は「重要なのは原作の物語だと思います。村上春樹さんが書かれた『ドライブ・マイ・カー』という物語の登場人物の魅力を決して損なわないようにと考えていました」とコメント。

 「とにかく、何度も何度も村上春樹さんの原作を読みました。そして原作の中にあった(チェーホフの)『ワーニャ伯父さん』を何度も何度も読みました。それを繰り替えして自分に要素がインプットされたら、それを一気に流し込むように書くってことをやっていました。どこかで止まってしまったらちょっと戻って、流れが淀まないような形で一気に書くということを何度か繰り返した結果だと思います」と、今回の受賞を濱口監督なりにひも解いた。

 同映画は、上映時間179分の大作だが、まさに“渋滞”のないドライブを楽しんでいるかのように淀みなく話が進み、登場人物たちと一緒に観客も旅をしたような感覚にさせる引力がある。海外メディアからも「悲しみと再生について描いた、深い感動の物語」(Variety)、「濱口監督は、この映画で世界的な才能の持ち主であることを証明した」(Little White Lies)、「ラストシーンは、この映画祭で目にした中で最も美しいものの1つだ」(Videodromo)などと絶賛レビューが相次いだ。

 「実際”流れ”というものはものすごく意識して書いていたと思います。滞ることがあってしまったら、この長い物語というのは、観客にとってとても負担になってしまう。淀むことなく進んでいくように、ということは考えていました」と、脚本執筆の裏側について答えていた。

 濱口監督作品としては、商業デビュー作『寝ても覚めても』が2018年に同映画祭コンペティション部門に出品され、今回が3年ぶり2作目の出品での初受賞となった。さらにこれまで、濱口監督は、「第71回ベルリン国際映画祭」で短編集『偶然と想像』が審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞。「第77回ヴェネチア国際映画祭」では共同脚本を務めた『スパイの妻<劇場版>』が銀獅子賞(監督賞)を受賞するなど三大映画祭を席巻している。

 映画『ドライブ・マイ・カー』は、愛する妻・音(霧島れいか)を突然亡くし、行き場のない喪失を抱える主人公・家福(西島)が、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさき(三浦透子)と出会い、あることに気づかされていくストーリー。8月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷(東京)ほか全国で公開。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ