プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

柏木由紀、『音楽の日』で復帰後初ステージ 7時間手術から驚異の回復力 中居正広の声がけに「わっしょい!」

『音楽の日』でステージ復帰した柏木由紀 撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.の画像

『音楽の日』でステージ復帰した柏木由紀 撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.

 AKB48の柏木由紀が17日、TBS系音楽特番『音楽の日2021』(後2:00~9:54)で休養から復帰後初となる生放送出演でパフォーマンスを披露した。柏木は10万人に1人といわれる難病「脊髄空洞症」の治療のため、6月8日に休養を発表し、同25日には脊髄を切開して腫瘍を摘出する7時間以上に及ぶ手術を受けたが、わずか3週間で驚異の回復ぶりを見せた。

【名前入り写真】爽やかピンクの夏らしい衣装で『音楽の日』に出演したAKB48

 序盤の「日本を元気にする!わっしょいメドレー」でT.M.Revolutionに続いて2番手で登場したAKB48は、サマーソング「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」を披露。15日にAKB48史上初の30歳メンバーとなった柏木はミニスカ衣装で歌って踊り、曲中には「『日本を元気にする!わっしょいメドレー』テレビの前の皆さんに元気を届けます!」と明るい笑顔で呼びかけ、短い時間でしっかりとウインクも決めた。

 司会の中居正広から「柏木さん、今日復帰後初めてのステージ、どうですか?」と声をかけられた柏木はメドレーにちなんで「わっしょい!」と笑顔を見せ、「ご心配をおかけしましたが、ちゃんと踊れるくらい元気になりました」と伝えた。

 SNSでは「ゆきりんがいる!」「ゆきりんおかえり」「ゆきりん復帰おめでとう」と盛り上がりを見せている。

 

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ