プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

植物状態の夫とコロナ禍で面会禁止に、夫を想いながら漫画を描く日々「医療従事者の方々には感謝の気持ち」

コロナ禍で1年以上会えていないという、植物状態になった夫・ぼくちんさんと妻・そらさん(画像提供:そら)の画像

コロナ禍で1年以上会えていないという、植物状態になった夫・ぼくちんさんと妻・そらさん(画像提供:そら)

 突発性不整脈で心肺停止、植物状態になった夫との病院生活を描いた漫画がInstagramに投稿されて話題に。作者で妻のそらさんは「夫のそばにいる時が、一番心が整って癒しになる」と、自身の仕事と病院での付き添いやお世話を両立していたが、コロナ禍になって環境が一変。1年以上直接面会ができていない状態が続いているという。夫の闘病や入院生活の経験が誰かの役に立てばと、入院当初からの日々を記録して発信しているそらさんに、コロナ禍における入院生活の現状を聞いた。

【漫画】植物状態の夫との日々は? 病院から電話が鳴る恐怖、コロナ禍で面会謝絶…ほっこりエピソードも

■「夫に会えない分、夫のことを想いながら漫画を描くことにしました」

 3年前のある日、突発性不整脈が起こり、心肺が停止してしまった夫・ぼくちんさん(当時34歳)。なんとか一命は取りとめたものの、心肺停止の時間が長かったため、医師には蘇生後脳症と診断され植物状態に。病院での入院生活がスタートした。

「心肺停止をした直後、救急病院に搬送されたときが本当にしんどかったです。夫が何か嫌なことを訴えていそうな表情やしぐさをしているのに、何もわかってあげられない。それを痛感するときがしんどかったですし、夫に申し訳なさも感じていました」

 「毎日疲れるでしょう、倒れちゃうんじゃない?」「気分転換をしたほうがいい」といった知人たちからの言葉やアドバイスに、初めは深く考えすぎてしまうことも多かった。「自分は本当に倒れてしまうのだろうか…好きで毎日病院に通っているのに…」と思い悩むこともあったが、気持ちを切り替えるきっかけになったのは、そらさんの周囲にいた医療従事者たちの言葉だった。

 漫画では「そらさんの直感を信じて行動していい。患者さんのことを一番よくわかっているのは、ずっと一緒にいた家族だと思います」と声をかけてくれた理学療法士さんの言葉や、夫・ぼくちんさんのことを考えて、そらさんと一緒に試行錯誤する病院スタッフたちとのやりとりなど、様々なエピソードが描かれている。

「漫画には『これからも患者さんに向き合って仕事を頑張ります!』といった医療従事者の方々からのコメントもいただけて、とても嬉しく思いました。私は医療従事者の方々に相談できる機会が多々あり、アドバイスをもらいながらお世話ができています。でもそれがなければ知らないことも多かったと思ったので。私の経験が誰かの役に立てばと、コロナ禍で夫に会えない分、夫のことを想いながら漫画を描くことにしました」

■病院へは感謝の想い「色々な経験や体験や勉強をさせてもらえている」

 面会禁止となり、直接会えない状況が続いているそらさん。「夫のそばにいるときが、一番心が整って癒しをもらっている」と話し、病院へ通うことが日常となっていたそらさんにとって、コロナ禍の日々はどのような意味を持つのだろうか。

「コロナ禍で会えなくなってからは、正直生活に張り合いがなくなってしまいました。大切な人が病院や施設などに居て、ずっと会えてない状況の人も私と同じ気持ちだと思いますが、早く会えるようになるために、コロナが終息してくれたらなと毎日思います。時々リモート面会をしてもらえるのがとても嬉しいのと、忙しいなか、リモート面会の準備をしてくれる病院にとても感謝しています。夫が病気になったのは本当に辛いことだったのですが、病気になったことで色々な経験や体験や勉強をさせてもらえているなと感謝もしていますし、『毎日変わらずに過ごしていてくれてありがとう』とも思っています」

 投稿される漫画では、現在病院生活2年目の話を描いている。7月21日には、これまでのエピソードを書籍化した『推しは目覚めないダンナ様です ~低酸素脳症になってからの病院生活~』(幻冬舎コミックス)が発売となる。

「私が夫に癒しをもらったり、『頑張ろう!』と思わせてもらったりしていることを漫画にして、読んでいただいた方が癒されたり頑張ろうと思っていただけたりすると有難いです。インスタグラムでは病院生活2年目のおはなしを描いているんですが、1年目の時と変わらず、誰かの何かのお役に立てたらいいなと思っているのと、医療従事者の皆様への感謝の気持ちもお届けできたらいいなと思ってます」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ