プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【おかえりモネ】今田美桜“マリアンナ”の役名に衝撃 自己紹介シーンは「忘れないと思う」

『おかえりモネ』で神野マリアンナ莉子を演じる今田美桜(C)NHKの画像

『おかえりモネ』で神野マリアンナ莉子を演じる今田美桜(C)NHK

 女優の今田美桜がこのほど、清原果耶がヒロインを務める連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 NHK総合ほか ※土曜日は1週間の振り返り)の合同インタビューに出席。本作で初出演となる朝ドラへの思いや役柄について語ってくれた。

【場面写真】百音のことをずっと優しく見守ってきた母・亜哉子

 今田が演じるのは、華やかな風貌で仕事中は常ににこやかだが、ゆくゆくは報道キャスターになりたいという野望を秘めている若手予報士・神野マリアンナ莉子役。気象予報士試験に合格した百音(清原)とは、就職した東京の気象情報会社で出会うことになる。

 朝ドラについては「全国の朝のドラマで、みなさんが好きなドラマだと思っています。私も見させてもらっていたので、出演が決まったときはうれしかったです」と笑顔を見せる。

 “野望”を持ち合わせる役どころだが「夢があるのはとてもかっこいいと思いますし、その中でとても愛嬌もある。かわいらしいですが、うちに秘めている強いものがあると思っています。ただ、うまくいかなかったりするときはニコニコしているけれど葛藤もあるんだと思います」と役柄を分析。“マリアンナ”という役の名前は「インパクトが強い(笑)」といい「最初に自己紹介をする場面があるのですが、あのときのことは忘れないと思います。名前を言うだけのせりふですが、自分でも印象に残っています」と振り返る。

 ここまでの放送は“視聴者”として本作を楽しんできたが「この先、成長したモネちゃんのことを知っているのでよく泣いてしまいます。(気仙沼や登米で)『こういうことがあったのか』と感情移入してしまい、泣くシーンでなくても泣いてしまいます」と話す。その清原の姿を見て「モネちゃんは、ぱっと見は控えめですけど、うちに秘めるものはすごく強い。それを果耶ちゃんが演じていて、存在感がすごいです」とすごみをひしひしと感じているという。

 表面上は陰と陽で、対照的に見える百音と莉子。それでも、うちに秘める強い気持ちを持ち合わせることでは共通している。その気持ちをドラマでどのように表現しているのか、19日から始まる“東京編”も注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ