プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

唐沢寿明主演『ボイスII』、“ボイス”オーディションを開催 採用者はドラマ内で放送

『ボイスII 110緊急指令室』の“ボイス”オーディションが開催決定(C)日本テレビの画像

『ボイスII 110緊急指令室』の“ボイス”オーディションが開催決定(C)日本テレビ

 俳優の唐沢寿明が主演する日本テレビ系連続ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)が11日より放送スタートした。それを記念し、“ボイス(声)”によるオーディションを開催する。応募期間はきょう17日~31日まで。

【画像】参加者には“ボイス”に関わる賞品も

 年齢、性別、プロ・アマ、国籍など一切不問。応募の条件は、ただ1つ。「指定のセリフ」を録音し、その“声”で応募するだけ。顔出しも不要で、スマートフォンで音声動画さえ撮れば、エントリーが可能。応募者の中から選ばれた“ボイス”は、ドラマ第6話(8月28日)、第7話(9月4日)、第8話(9月11日)で放送される。

 合格者は3人を予定し、名前(※ペンネームも可)がドラマのスタッフロールに掲載される。合格できなくても、参加者の中から抽選で10人に、ドラマのテーマ“ボイス(声)”に関係するスピーカーなどのプレゼントが当たる。

 今作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を掲げる緊急指令室“ECU”の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。2019年放送の前作に引き続き、唐沢が主人公の敏腕刑事・樋口彰吾、真木よう子が緊急指令室ECUの室長でボイスプロファイラー“声紋分析官”橘ひかり、NEWSの増田貴久が彰吾とバディを組む“透ちゃん”こと石川透をそれぞれ演じている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ