プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

尾上松也、デジタルアート展に感動「没入感がありました」

尾上松也の画像

尾上松也

 歌舞伎俳優の尾上松也が、東京・大手町三井ホールで開催中の新感覚デジタルアート展『巨大映像で迫る五大絵師- 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-』(~9月9日まで開催)に来場した。

【動画】日本文化への想いを語る尾上松也

 同展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」、歌川広重の「東海道五拾三次」といった江戸時代の絵師たちによる歴史的作品の数々が、“超高精細デジタルアート”として紹介。解説ナレーターを光浦靖子が務めた。

 作品を鑑賞した尾上は「音楽と映像技術がどう融合するのか、とても楽しみでした。大音響と大画面のマッチ度が予想以上で、演出も相まってより興味を掻き立てられ、没入感がありました。いつの間にか口を開けて見入っちゃうくらいの感覚で、時間を忘れていました」と満足げに語り、「この会場の真ん中に布団を敷いて寝たら癒やされるだろうな~」と冗談めかして笑わせた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ