プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

HiHi Jets高橋優斗、オールスターで始球式 引っかかり気味の投球に「悔しいです!」

『マイナビオールスターゲーム 2021』の第1戦でファーストピッチセレモニーを行った高橋優斗 (C)テレビ朝日の画像

『マイナビオールスターゲーム 2021』の第1戦でファーストピッチセレモニーを行った高橋優斗 (C)テレビ朝日

 プロ野球のセ・パ両リーグのスター選手が激突する『マイナビオールスターゲーム 2021』の第1戦が埼玉・メットライフドームで開催された。試合に先立って行われたファーストピッチセレモニーには、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.、※高ははしごだか)が、2019年に続き、2度目となるマウンドに上がった。

【写真】「今と全然違う!」間宮祥太朗、胸割りタトゥー&金パツ姿披露

 小学2年生から野球を始め、中学・高校と野球部に所属していた高橋は、ジャニーズ野球大会でも活躍。そんな元野球少年の高橋が、長年尊敬し続ける古田敦也と事前練習を行った際に受けた貴重なアドバイスを胸に、3塁側ベンチからマウンドへ。一礼した後、「よろしくお願いします!」と宣言し、大きく振りかぶったフォームで全力投球。少し左にそれたものの、力強いボールを投げ込んだ。一球入魂の登板で、オールスターを盛り上げた高橋に、客席から温かい拍手が送られた。

■高橋優斗コメント
 あっという間に時が過ぎてしまいました。投げる時にちょっと引っかかってしまって…。悔しいです! 先日、古田敦也さんから「5割から8割の力で投げた方がいい」と言われたので、力まないようにしようと思っていたんですが、やっぱり少し力が入ってしまいました…。でも、古田さんの教えがなかったら、もっと力んで投げてショートバウンドになってしまったかもしれないので、事前にアドバイスをいただいていてよかったなと思いました。

 僕は3塁側からマウンドに向かったんですけど、パ・リーグの選手がたくさんいらっしゃって緊張しました。投げ終わった後、工藤(公康)監督(福岡ソフトバンクホークス)が拍手してくださったのも、とてもうれしかったです。もし、またこういう機会をいただけるとしたら、間宮祥太朗さんのように139キロ、140キロを投げたい! そのためにも、事前にもっとトレーニングしたいですね。

 オールスター独特の雰囲気の中、観客の皆さんもすごく温かく、大きな拍手をしてくださって感動しました! いい経験をさせていただき、ありがとうございました。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ