プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

マイファス・Hiro、アーティストになって実感した父・森進一の偉大さ 歌唱法の助言に感謝も

16日放送『MUSIC BLOOD』に出演するMY FIRST STORY (C)日本テレビの画像

16日放送『MUSIC BLOOD』に出演するMY FIRST STORY (C)日本テレビ

 ロックバンド・MY FIRST STORYが、16日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:00)にゲスト出演した。

【番組カット】父・森進一への思いも語ったMY FIRST STORY・Hiro

 トークでは、Hiro(Vo)が評判通りのトークスキルで場が盛り上げつつ、後半はグループにとって恩人であるロックバンド・Pay money To my Pain(以下、P.T.P)のK(Vo)との思い出話で、しっとりとしたムードに。トークの温度差が激しい、同番組ならではのエモい展開となった。ライブでは「告白」「Weight of my pride」ともに、熱のこもったアクトを披露するなど、全てにおいて見どころ満載。放送には入りきらなかったトークの裏側をレポートする。

 今回のゲストはHiro(Vo)、Nob(B)、Teru(G)、Kid’z(Dr)からなる4人組ロックバンド・MY FIRST STORY。日本武道館や埼玉スーパーアリーナを満員にし、ロックフェスに出演をすれば入場規制がかかるほどの人気を誇る。ボーカルを務めるのは、父は森進一、母は森昌子という最強の遺伝子を持つHiro。天性の歌声と称されるその歌声は、音楽業界でもピカイチで、ソロアルバムはiTunesチャートで1位を獲得するほどの実力派。そんなMY FIRST STORYの“MUSIC BLOOD”に迫る。

 まずはMCの田中圭、千葉雄大によるオープニングトークから。いきなり田中から「雄大、今回のゲストはどんなイメージ?」と振られ、千葉は「ボーカルのHiroさんはバラエティ番組でもすごく活躍をされていて、特にトーク力が抜群だって大御所芸人さんからもすごく評価が高いらしいです。もしかしたら、この番組も乗っ取られちゃうかも!?」と本音を交え語る。そこへ「っていうか、ゲストの正体を明かしちゃいけないのに、名前言ってどうすんのよ」と、冷静に突っ込む田中。いつもの雰囲気の中、番組がスタートした。

 MY FIRST STORYを迎え、トーク収録がスタート。あいさつをすませると早速「オープニングでHiroさんのトークのハードルを上げちゃって申し訳ない」と謝る千葉。これに対しHiroは「バラエティ番組に出演後に、ネットニュースなどでも取り上げていただいたみたいですが大迷惑ですよ!(笑) ハードルが高くなっていますから!(笑)」と冗談交じりに困惑する。そして田中から他のメンバーへ「やっぱりメンバー内でもトークの中心はHiroさんですか?」と質問をすると、「いつも僕らが(トークの)ハンドルに触ろうとするだけで取られちゃいますから」とKid’zが暴露。Hiroのトーク技術は、普段から磨かれているようだ。

 話題はMY FIRST STORYのMUSIC BLOODについて。アーティスト一家に生まれたHiroは、幼少の頃から自宅ではJ-POPが流れていたそう。そんな中、最も衝撃を受けたのが5歳の頃に聴いた宇多田ヒカルの「First Love」。

 「今と違って当時は歌番組がたくさんあったんです。年配の歌手の人たちが多く出演している中、一人だけ若い女性アーティストがいて驚きました。それが宇多田さんでした。ただ、単に好きとかそういう感じではなく、その歌声と相まって独特の“アーティスト性”に引き込まれたと言いますか、体中に電流が走るくらいの衝撃を受けました。宇多田さんの楽曲だけは、昔から今までずっと聴き続けている唯一のアーティストです」と、“宇多田愛”を熱心に語った。

 昨年カバーアルバムをリリース。その中で「First Love」も歌っているHiroに、MC2人から歌ってほしいという無茶ぶりが。急な依頼にも関わらず、しっかりと歌い上げたHiro。感動の余韻に浸るも束の間、今度は田中が千葉へ「あれ、雄大は(歌わないの)? さすがにやめとく?」と“ソフト”な無茶ぶり。これに対し千葉は意を決して歌声を披露すると、Hiroから「素晴らしい! 正直もっと下手かと思いました(笑)」と、褒められているのかけなされているのかわからない、不思議な感想が。

 衝撃を受けたアーティストの話はさらに続き、宇多田ヒカル以外にあがったのがサンボマスター。「サンボマスターの『そのぬくもりに用がある』は、中学生の時に聴いて声に衝撃を受けました。歌詞に感情が乗っているということを初めて感じた曲です。そして何より、ボーカルの山口さんの声がかっこ良かったんです。この声はどうやって出しているのか、当時何度も練習をしたのですがさっぱりで。この曲は山口さんにしか歌えない曲なのだなと思いました」と明かす。

 また、父である森進一も多大な影響を受けたアーティストの一人。「昔はアーティストという目線では見られませんでしたが、自分が音楽を始めてからは、父が歌手としていかにすごいかがわかりました。例えば実家には父がレコード大賞で獲得したトロフィーなどがたくさんあるのですが、そのことに対して昔は何とも思っていませんでした。でも音楽の世界に入ってからは、この賞一つ獲得することがいかに大変なことか、また老若男女、日本中の人が父のことを知っているという現状を改めて考えたら本当にすごいなと、尊敬しています」と思いを吐露。

 「技術的な部分でいうと、父が歌う時は必ず声の出し方やブレスの位置が同じなんです。ライブとかになるとズレちゃう時もあるのですが、父は全くズレずにいつも同じ。かなり歌い込んで、緻密に計算がされていないとできないことなので、体に染みつくくらい練習しているんだなと思います。父からは僕らのライブにきた時に、『鼻で歌った方がいい』とアドバイスをもらったことがあるんです」とエピソードを披露。「声を出すのは喉からだと思っていたので、最初は意味がわからなかったのですが、最近ようやく理解できるようになりました。感覚的にはハミングっぽく歌うと言いますか、鼻が詰まった歌い方をすると音程がきれいにとれるだけでなく、喉への負担も減るんです。この歌唱法は、バラードなどを歌う時に実践しています」と真面目に語るHiro。父親に対する尊敬の念が垣間見えた。

 そして、初のシングルカットとなる新曲「告白」についてトーク。Hiroは「今までテンポの速い楽曲が多かったのですが、今回はバラードということでガッツリ聴いてほしいです。あと先ほどお話しした鼻で歌うことを実践しているので、そこも注目して欲しいです」とポイントを説明。恒例の曲ふりでは、「告白」という曲名にちなんで、千葉にとって初めての告白をしてもらいつつの曲を紹介をというハードル高めなリクエストが。千葉は「僕の背中にはホクロがあります」と、初告白をするも田中の「なんやそれ!」とクールなツッコミが。これに対し千葉は「テレビ用(の告白)じゃなければ一つありますよ(笑)」と何とも意味深な発言で場を盛り上げた。

 続いてBLOOD SONGの話題に。今回、MY FIRST STORYが選んだのはP.T.Pの「Weight of my pride」。P.T.PがいなかったらMY FIRST STORYは存在していないと言い切れるほど、多大な影響を受けたそう。「出会いは忘れもしない、2011年5月2日、SHIBUYA-AXというライブハウスでした。当時僕は高校生で、初めてP.T.Pのライブに行って、出待ちをしていたらボーカルのKに会うことができました。ロックバンドなので一般的に歌のうまさはあまり重要視されていなかった中で、Kは歌がめちゃくちゃうまかったんです。メロディアスな中にも激しさがあるというか、初めて聴いた時は宇多田さんの時と同じように、体に電流が走る感覚がありました」としみじみ回顧する。

 その時の状況について「Kはその日、僕を見るなり『今日はありがとうな』って話かけてくれて、さらに『このあと打ち上げあるからこいよ』って誘ってくれて。もうびっくりですよね、高校の制服を着た初めて会ったファンの子をいきなり打ち上げに誘うって(笑)。僕も舞い上がってしまい『いきます!』って二つ返事でついて行きました。でも実際その場に行くと、制服姿の高校生は場違い感が半端ないわけです」と語った。続けて「Kもいろんなことスタッフと話していたので、僕だけ部屋の隅っこに立っていました。すると知らない大人が近づいてきて『歌うまそうだね』って話かけてきたんです。『やばいやつが来た』と思ってドキドキしていたら、その人から『バンドやろうよ』って誘われて。そこで僕もなぜかOKを出してしまったんです。その時に話かけてきた知らない大人が、今の僕らのプロデューサーなんです(笑)。そしてMY FIRST STORYというバンド名は、その時にKがつけてくれました」と秘話を明かした。

 その後、MY FIRST STORYは、結成から8ヶ月でオリコン・インディーズチャートで1位を獲得するなど、異例のスピードで人気を集めていくが、心ないバッシングに見舞われることに。

 Hiroは当時を回想し「僕は両親のこともあって、当時はいろいろなバンドから言われ続けました。僕にとってはいつものことなので、ある程度は想定していました。でも直接会うとみんないい顔をするから、やりきれませんでした。そんな中、Kだけは僕らのことを悪く言う人に対して『くだらねえことを言ってんじゃねえ』とか、『あいつらはここからだから、そんなことを言うべきじゃない』と言って、いつも守ってくれて、道を切り拓いてくれました。そういうことを言ってくれるのはKだけでした」と謝意を表した。

 そんなKとの悲しい別れが突然訪れる。「当時体調を崩していたことは知っていて、ライブの直前に聞いたのですが、全く実感が湧きませんでした。ずっと何も感じていなかったのですが、お葬式の時に初めて自分の中からKが消えていくのを実感して、その瞬間から涙が止まらなくなり、しばらくの間は立ち直れませんでした」と、神妙な面持ちで語るHiro。またNobも「P.T.Pの時から大好きで憧れの存在だったので、その知らせを聞いた時は受け入れられませんでした。いつか対バンをしたいと思っていたので、本当に悔しくて」と心境を語った。。

 田中から「Kさんが今、MY FIRST STORYの活躍を見たら何て言うと思いますか?」という質問が。「あんま調子に乗るなよっていうと思います」とHiro、「言いそう(笑)」とNobも懐かしそうに同意する。そんなMY FIRST STORYの2曲目のBLOOD SONGは、P.T.Pの「Weight of my pride」。「よろしくお願いします!」と丁寧にあいさつをしながら、ステージに向かうメンバーたち。むき出しになった鉄骨と無造作に並べられた古い家具を、白い光が照らす。そんな幻想的なステージセットを見て「なんかすごくない?」と、メンバーに話かけるHiro。ステージに上がると音響チェックの間は鼻歌を歌いながらマイクチェックをしつつ、メンバーと談笑をするなど、かなり和やかなムード。まずは新曲「告白」をしっとりと披露した。

 UNCUTの撮影では、視聴者一人ひとりに語りかけるように、マイクを両手で握り、気持ちを込めて歌うHiroのパフォーマンスが印象的だった。また、ステージ上にP.T.Pのバンドロゴを掲げた「Weight of my pride」のライブでは、撮影前にHiroが、その場で数回ジャンプをしてウォームアップをするなど気合も十分。マイクを握りしめ、髪を振り乱しながらステージを縦横無尽に動き回るなど、本家P.T.Pに劣らないハードなステージングを披露した。妖艶にきらめく、赤×黄色のライティングもハードなムードに拍車をかけた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ