プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

幾田りら『竜とそばかすの姫』主人公に自身を投影 声優業への思い「どんな反応が起こるのか楽しみ」

映画『竜とそばかすの姫』初日舞台あいさつに登壇した幾田りら (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『竜とそばかすの姫』初日舞台あいさつに登壇した幾田りら (C)ORICON NewS inc.

 “小説を音楽にするユニット”YOASOBIのボーカルikuraとしても活動するシンガーソングライターの幾田りらが16日、都内で行われた映画『竜とそばかすの姫』初日舞台あいさつに登壇。物語のカギを握るキーパーソンを演じているが、自身の活動をもとに思いを語った。

【集合ショット】佐藤健、成田凌、玉城ティナら豪華声優陣が登場!

 本作は、インターネット世界を舞台に、母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公の女子高校生・すずが、“もうひとつの現実”と呼ばれるインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。

 幾田は「1個のボタンで発信すれば世界とつながることができる。大自然で育ったすずが、ひとつの行動から世界の人に歌声を届けられる。私もインターネットに歌を投稿してっていうことをやってきて、自分とも重なりましたし(作品を通して)勇気をもらえるんじゃないかな」としみじみ。「歌う時に一つひとつの言葉にどういう表現、感情を音で示すことができるかを考えているので、それがお芝居になった時に、どんな反応が起こるのかすごく楽しみでした」と声を弾ませていた。

 舞台あいさつにはそのほか、中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、佐藤健も登壇。細田守監督はカンヌから中継で登場した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ