プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

水溜りボンド・トミー、YouTuberパーティー開催の飲食店を閉店「すでに廃業届を提出」

水溜りボンド・トミー (C)ORICON NewS inc.の画像

水溜りボンド・トミー (C)ORICON NewS inc.

 活動休止中の人気YouTuber・水溜りボンドのトミーが16日、自身のツイッターを更新し、緊急事態宣言下にYouTuberとパーティーを催していた自身が経営する飲食店について「閉店を決定いたしました。すでに廃業届を提出し、受理されております」と報告した。

〈Twitterより〉YouTuberパーティー開催の飲食店を閉店したことを報告したトミー

 緊急事態宣言下の先月下旬、トミーが経営していた飲食店であやなん、コムドット、アバンティーズのメンバーら総勢31人のYouTuberや関係者がパーティーに参加。それぞれが自身の動画で謝罪し、トミーは「時短要請やお酒の提供停止要請が出ている中で、深夜まで飲食とカラオケを提供してしまったことについても深く責任を感じております。そのことも重ねて本当に申し訳ございませんでした」とお詫びした。

 この日のツイッターでは「7月16日時点で明確に会っている事実を、次の通りご報告いたします」とし、飲食店の閉店を報告。また、同店についての感染拡大防止協力金の受給について「会食開催当日である6月18日を含む6月分を申請する予定は当初よりございませんでした」と説明した。

 また、「5月以前にすでに申請、支給及び受理済みであったものに関しましては、今回の件を深く反省し、全て辞退させていただくべきであると考え、現在、返納と申請取り下げの手続きを進めております。なお、申請取り下げに関しましては完了し、返納の手続きも最終段階に入りました」と現状を明かした。

 従業員たちの今後の保証や仕事の確保は「現在調整を続けております」とし、「一つ一つけじめをつけさせていただき、全てが完了した後に報告させていただきたく思います」と伝えた。

 最後に、コロナ感染拡大のために尽力する人々をはじめ、多くの人に迷惑をかけたこと、関係者や水溜りボンドのカンタなどに心配をかけたことについて「心より謝罪させていただきたいと思います。本当に申し訳ございません」と重ねて謝罪した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ