プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ポッカサッポロ“夕張メロン”生産サポートの取り組み 財政破綻した夕張市再生への絆

『北海道夕張メロンソーダ』 希望小売価格(税別)140 円の画像

『北海道夕張メロンソーダ』 希望小売価格(税別)140 円

 夕張メロン果汁入り炭酸飲料『北海道夕張メロンソーダ』が発売中だ。本商品は、北海道にゆかりのあるサッポログループとJA夕張市が10年以上かけて共同開発している肝入りの季節商品で、毎年の発売を待ち望んでいる人も多いという。開発の経緯をたどると、夕張市の財政破綻後、苦しい時期を経て今なお地元を支え続けている同社の想いが読み取れる。

【画像】焼酎割りにアレンジしてもおいしいという声も『北海道夕張メロンソーダ』

■夕張市内に100軒しかない夕張メロン農家の協力で生まれた果汁入り炭酸飲料水

 2007年に多額の借金を抱え、事実上の財政破綻をした北海道夕張市。行政サービスは次々と切り詰められ、人口も大きく減少。厳しい状況が続くなか、サッポログループは創業の地である北海道で「食」分野を中心とした北海道ブランドの向上を図るため、北海道庁と包括連携協定を締結。夕張メロンをはじめとした北海道産原料を用いた商品の開発に取り組んだ。

 『北海道夕張メロンソーダ』は、夕張市農協とタッグを組んだことで、市内に100軒しかない夕張メロン農家から果汁を調達して誕生。以来、夕張市とは本商品の開発に、10年以上もの協力関係を築き、発売から10年経った2019年時点で本商品に使用された夕張メロンは約17万玉相当。果汁原料を使用することで、地元農家をサポートし続けている。

■コロナ禍だからこそ支援を 夕張農協との絆を強固にした『北海道夕張メロンソーダ』

 今年6月には、コロナ禍で今もなお厳しい状況下にある夕張市の生産者への支援を行うことを発表。昨年に引き続き、夕張市農協より「夕張メロン」を約500個購入し、自社製品『Ribbonナポリン』とともに、最前線で働く札幌市の保育所等の事業所や関係者の方々に、「少しでも元気になっていただきたい」と応援の気持ちを込めて順次寄贈しているという。

 夕張市農協と一緒に作った『北海道夕張メロンソーダ』は、完熟夕張メロンの香りを徹底的に研究し、その芳醇な香りを見事に表現。夕張メロンは、2020年フードアクションニッポンアワードにも入賞した逸品だ。あふれる完熟感を炭酸の刺激とともに楽しみながら、再生にかける夕張市を応援してみるのもいいのではないだろうか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ