プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

黒木華&柄本佑W主演の不倫ムービー、ニューヨーク・アジアン映画祭でワールドプレミア

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)(C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会の画像

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)(C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

 黒木華・柄本佑がダブル主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)が、第20回ニューヨーク・アジアン映画祭(以下、NYAFF)の「VANGUARDS(新しい日常の映画/形式や慣習にとらわれない独創的な作品)」のセクションでスクリーン上映されることが発表された。

【動画】黒木華×柄本佑、不倫をめぐる漫画家夫婦の心理戦 予告編解禁

 これをもってワールドプレミア(世界初上映)となる堀江貴大監督は「ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルでのワールドプレミア上映、とてもうれしく思います。『漫画』『自動車教習所』『不倫』を題材とした本作が、海外の人たちにどう受け止められるのかまだ予想もつきません。心地よい混乱を味わっていただけたらいいなと思っておりますが、予想もつかないような角度からの反応が沸き起こることも多いに期待しております!」と、コメント。

 映画祭のエグぜクティブ・ディレクター、サミュエル・ジャミエ氏は、「否のない素晴らしい演技を見せる柄本佑に対抗する、信念を強く持つ女性を黒木華が演じる。このような社会通念に阻まれている状況を打破する主人公の魅力に惹かれないわけがない。どの場面も、完璧な演出されている映画へのキャストの見事な献身は、心に美しい和音を響かせます」と、称賛のコメントをしている。

 今年のNYAFFは、60本以上のワールドプレミア、インターナショナルプレミア、北米プレミアの作品を、Film at Lincoln Center(リンカーン・センター映画協会)とSVA Theatreでの対面形式で上映。さらに、ニューヨークまで移動できない全米のアジア映画ファンのための措置としてバーチャル形式での上映も行う。開催20回目を記念し、これまで最多数の作品が出品されており、日本からは10本以上の作品がプレミア上映されることが発表されている。

 本作は、結婚5年目、夫の不倫に妻が気づいたことから始まる。漫画家の佐和子(黒木)は、新作漫画のテーマを「不倫」にすることに。佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた俊夫(柄本)は、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれた漫画を見て、「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。さらに物語は、佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開。この漫画は、完全な創作? ただの妄想? それとも俊夫の不貞に対する、佐和子流の復讐なのか!? 恐怖と嫉妬に震える俊夫は、やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ