プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

THE RAMPAGE“サポメン”が振り返る夢者修行エピソード バス撮影に大はしゃぎ

『ViVi』9月号に登場するTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(左から)浦川翔平、長谷川慎、岩谷翔吾、藤原樹の画像

『ViVi』9月号に登場するTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(左から)浦川翔平、長谷川慎、岩谷翔吾、藤原樹

 ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの岩谷翔吾・浦川翔平・長谷川慎・藤原樹が、20日発売のファッション誌『ViVi』9月号(講談社)に登場。同号特別版表紙を飾ったGENERATIONSの2011年の夢者修行で、サポートメンバーとして帯同していた4人が、青春時代を共に過ごしたお兄さんたちの表紙に華を添える。

【別カット】赤いバスをバックにポーズを決めるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE

 この4人は、今でもファンから『サポメン』と呼ばれるほどおなじみのメンバーで、撮影現場は良い意味で緊張感のない和やかな空気感が漂う。THE RAMPAGEのメンバーとしてデビューしてから、激動の毎日を過ごしてきた4人に、“一度立ち止まって、休憩がてら昔話をしてみよう!”というテーマのもと取材が行われた。

 長谷川の夢者修行初日の失敗談や、浦川の意外な場所での寝落ち体験、そしてファンの間で噂になった幻のグループ名『ミラクルズ』についてなど、今だからこそ聞ける当時の裏話や葛藤、夢者修行時代のエピソードなど盛りだくさん語られる。

 そして、今回はそんなエモトークに合わせて、夢者修行時代に各地への移動手段でもあったバスを用意。「すごい!バスだ!」とはしゃぐメンバーたちは、バスと自撮りをしたり、カメラを向けていない時間も4人で楽しそうに笑い合ったり。そんな姿に、編集スタッフは本当に仲良しだな〜と実感したという。当時からサポメンでの写真をよく撮っていたようで、今回ViVi読者のために、かわいすぎる懐かしの写真も披露する。

 2019年におこなわれた初のアリーナツアーでは、総勢26万人を動員するほど、デビューから着実に進化し続けるTHE RAMPAGEの一員である4人。サポートメンバーからTHE RAMPAGEへ、自分たちが主役になった当時の気持ちや、THE RAMPAGEがこれから進むべきステージについての熱い想い・目標もたっぷりと語った。

 そのほかにも、ファンはもちろん、今回この4人に出会った読者の「もっと知りたい!」の声に答えるべく、「自分ってこんな人」を徹底調査。後日NET ViViでは、誌面に載せきれなかったメンバークイズも公開予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ