プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

黒木華&中島裕翔がネバーランドへ 『ウェンディ&ピーターパン』ビジュアルが公開

『ウェンディ&ピーターパン』ポスタービジュアルの画像

『ウェンディ&ピーターパン』ポスタービジュアル

 女優の黒木華、人気グルーブ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔が出演し、8月13日から9月5日に東京・Bunkamuraオーチャードホールで上演されるDISCOVER WORLD THEATRE vol.11『ウェンディ&ピーターパン』のビジュアルが15日、公開された。ネバーランドを彷ふつとさせる森の中の不思議な空間に、黒木演じるウェンディ、中島演じるピーターなどの登場人物たちが浮遊する、非日常的な日常を描くマジックリアリズムの世界を表現している。

【横からショット】ベリーショート姿を披露した黒木華

 イギリス・スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的傑作戯曲『ピーターパン』を、ロンドンで注目の若手作家で演出家のエラ・ヒクソン氏が新たにウェンディの視点から翻案。2013年に英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの新作公演『WENDY&PETER PAN』として上演された今作。せりふに加えてダンス、フライングや、小道具、美術、映像などを駆使した“フィジカルシアター”のスタイルと、スペクタクルとマジカル満載の美しい舞台が話題となり、2015年にはウエストエンドでの再演も果たした。

 待望の日本初上演となる今回、演出を手掛けるのは『るつぼ』(16年)、『民衆の敵』(18年)で社会的テーマを力強く描き、日本の観客を魅了したジョナサン・マンビィ。ロンドンでの初演・再演でも演出を務めた同氏が世界的に有名な『ピーターパン』のファンタジックな世界観から現代社会に通ずるテーマを浮き彫りにする

 黒木と中島のほかにはウェンディの弟・ジョンに平埜生成、マイケルに前原滉、ティンクに富田望生、タイガー・リリーに山崎紘菜、海賊・スミーに玉置孝匡、ミセス・ダーリングに石田ひかり、そしてフック船長とミスター・ダーリングの二役には堤真一と、若手からベテランまで多彩な魅力を持つキャストが顔をそろえる。

 誰しもが一度は夢見た「ピーターパン」の世界。エラ・ヒクソンが、大胆な新解釈で描く本作は、生と死、喪失感と絶望、幸せと喜びなどの普遍的テーマが散りばめられた、「大人のためのマジカル・ファンタジー」として、新たな冒険の旅を届ける。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ