プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

miwa、映画『総理の夫』主題歌 田中圭&中谷美紀が大感激

映画『総理の夫』(9月23日公開)(左から)田中圭、miwa、中谷美紀(C)2021「総理の夫」製作委員会の画像

映画『総理の夫』(9月23日公開)(左から)田中圭、miwa、中谷美紀(C)2021「総理の夫」製作委員会

 映像化が相次ぐ人気作家・原田マハ氏の小説を原作に、田中圭と中谷美紀が日本初の女性総理とその夫・ファーストジェントルマンとしてダブル主演する映画『総理の夫』(9月23日公開)の主題歌が、miwaの新曲「アイヲトウ」に決定した。

【動画】miwaの主題歌が彩る、映画『総理の夫』予告編

 「ヒカリへ」が大ヒットし一躍名を馳せ、さらには自身のイメージを覆す楽曲「リブート」でも話題となり、世代を問わず支持を得ているmiwa。そんなmiwaが本作のために「アイヲトウ」を書き下ろした。力強い楽曲と真っ直ぐなメッセージで映画の世界観を表現した。

  主題歌が完成するまでのエピソードを聞いた田中は、完成した映画本編を観て「後半1時間くらいずっと泣いていた」と言い、さらにエンドロールを締めくくるこの楽曲で、「心が浄化され、前向きになれる」と大絶賛。

 「アイヲトウ」というタイトルは、中谷演じる凛子の「信を問う、をやってみようと思うの」というせりふからインスピレーションを受けたそうで、中谷も「隠喩(いんゆ)として曲のタイトルに用いて素敵だなと思います。明日に向けての希望を与えてくれる、女性にとって心強い応援歌」とコメントしている。

 さらに、主題歌「アイヲトウ」が彩る予告編も解禁。突然、“総理の夫”となった田中演じる日和の人生が激変する様子が冒頭で明らかに。マスコミ対策(!)、追っかけ(!)、監視(!)と“巻き込まれた夫”の姿がコミカルに描かれる。そして、総理である凛子が妊娠したことで、またもや状況は一変。「すごいよ〜! 凛子!」と喜ぶ日和だが、国民のさらなる大注目を浴び、何やら2人を取り巻くキャラクターたちも一癖も二癖もありそうで…。「日本の未来はあなたにかかっている」とも言われた前代未聞の“総理の夫”。果たして、この大騒動、どんな結末を迎えるのか!?

■miwaのコメント
 「初めて日本に誕生する女性総理」。芯の強い女性を描いている作品だと思いましたので、その主題歌を担当させていただけるのはうれしく、光栄でした。作品を拝見して、いくつか曲を書いたのですが、「今までのmiwaの楽曲にない、新境地へ挑戦して欲しい」と(プロデューサーから)言っていただいたこともあり、最終的に書いた数曲の中でも力強いタイプの楽曲となりました。

 「アイヲトウ」というタイトルは、「私、初めて“信を問う”をやってみようと思う」という(中谷美紀演じる)凛子さんの劇中のセリフにインスピレーションを受けました。

 凛子さんの芯の強さ、真っ直ぐなところは、同じ女性として、勇気をもらうシーンがたくさんあります。人としての生き方や生きる道、“選択する勇気”を感じられる作品でありながら、それ以上に夫婦の愛や信頼、絆に重きがある作品だなとも思います。

 「アイヲトウ」も自分で選択した強い女性をイメージした楽曲ですが、その選択ができるのは、大切な人がいるから、というメッセージも込められているので、そこも感じていただけたらなと思います。

■田中圭のコメント
 (『総理の夫』の)完成作を試写で観させていただいた時、登場人物みなに感情移入をして後半1時間ずっと泣いていました。それは悲しい涙ではなく、最後は力強い終わり方でした。本編が終わり、感情的にどう落ち着ければよいのかを思っていたところにこの主題歌が流れ、心が落ち着く、浄化されていく、より前向きになれるように気持ちを上げてくれました。

■中谷美紀のコメント
 映画では解散総選挙で「信を問う」という言葉を使っていたのですが、それを汲み取り、隠喩として曲のタイトルに用いてくださったのがすごく素敵だなと思います。今のようなとても厳しい時代でも、明日に向けての希望を与えてくれる曲をmiwaさんが書いて下さり、私たち女性にとって心強い応援歌です。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ