プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『#コールドゲーム』撮了で木村家インタビューVol.4 やす「僕にとっては疑似家族」

オトナの土ドラ『#コールドゲーム』が撮了(C)東海テレビの画像

オトナの土ドラ『#コールドゲーム』が撮了(C)東海テレビ

 女優の羽田美智子が主演を務める東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『#コールドゲーム』(毎週土曜 後11:40)が、このほどクランクアップを迎えた。

【全身ショット】水色の清楚なワンピース姿で登場した羽田美智子

 氷河期に突入した地球を舞台に、天才詐欺師・木村祥子(羽田)が偽装家族“木村家”を組んでたくましく生き抜く姿を描く、マイナス45度の氷河期サバイバルストーリー。長男役の大輝(結木滉星)、長女役の陽菜(久間田琳加)、父親役の隆(やす)、そんな木村家が潜む避難所第七支部を運営する支部長・如月(中村俊介)が織りなす、生きる力をさまざまな角度で問い直す内容となっている。

 先日、避難所のセットで木村家がクランクアップ。その翌日に祥子が幼い裕翔(森優理斗)と暮らしていた時代のシーンを撮影しオールアップを迎えた。ラストには、祥子が裕翔と引き裂かれるシーンも撮影し「泣けてきちゃった」と、最後まで気持ちを込めた迫真の演技だった。クランクアップ後、木村家としてドラマを盛り上げたやすが、撮影を振り返った感想を語った。

■やす

――お疲れ様でした。クランクアップの感想をお聞かせください。

本当に楽しかったです。撮影は楽しく、もちろん勉強にもなりましたし、休憩の時も羽田さんと話していたり、現場に行くロケバスの中まで楽しかったですね。もちろん緊張もありましたが、ずっと楽しい思い出しかないです。また、本当に勉強になりました。プロの役者さんたちはこういう風に演じていて、スタッフさんたちはこういう風に撮っているんだとか、連ドラで長丁場を経験してわかることってあるんですよね。ホント、楽しさと勉強と感無量です。ありがたい!

――『#コールドゲーム』はあなたにとってどのようなドラマでしたか?

すべてを吸収し、学ぶことができたドラマでした。やはり役者さんが役に向かう姿勢の細かさや、時には疲れたとかいろんな気持ちもあると思うのに、しっかり気持ちを作ってプロとしてやり切るとか、スタッフの方もプロとしての仕事をやり切っていて、感動すら覚えましたね。そんな中に自分は身を置いて一生懸命演じ、そこに居させていただいているという感覚でした。

――もし続編があれば、どのような状況を演じたいですか?

結局、場所や状況が変わったとしても、隆は隆のままの続編であったらうれしいです。木村家の状況が隆は楽しかったと思うんです。「偉そうにしているけど、結局大したことないじゃん」って、家族にいじられているあの感じ。僕自身もカメラが回っているところと回ってないところの境目が分からなくなるぐらいに楽しかったです。偽装家族じゃなくて、僕にとっては疑似家族になっていましたからね(笑)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ