プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

伊野尾慧、“イケメン役”に重圧「すごいプレッシャー」 神宮寺勇太は“サラストヘア”をアピール

『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』ポスタービジュアル(C)東海テレビの画像

『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』ポスタービジュアル(C)東海テレビ

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が主演する、8月7日スタート『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season1』(毎週土曜 後11:40)のポスタービジュアルが15日、完成した。完全記憶力という“異能”を持つ民俗学の准教授・高槻彰良役の伊野尾、人のうそがわかるようになってしまったが故に“孤独”を抱える教え子・深町尚哉役のKing & Princeの神宮寺勇太。そして、高槻研究室に所属する大学院生・生方瑠衣子役の岡田結実がそろったポスター撮影の模様も到着した。

【写真】ボサボサ頭とのギャップが魅力の生方瑠衣子役・岡田結実

 今作では高槻と深町のコンビによる、さまざまな怪異事件の謎解きを通じて、人とつながることの大切さを描くヒューマンミステリー。スタイリッシュなスーツ姿でオトナのほほえみを見せる伊野尾に、地味なメガネ姿で人との関わりを拒むように目線を外す神宮寺。そんな2人を優しく見守る岡田。3人のキャラクターと関係性が伝わるビジュアルに仕上がった。

 英国紳士風のスーツを着てスタジオに現れた伊野尾は、すでにクールでオトナな雰囲気。高槻について台本のト書きには「大学教員らしからぬ風貌。上質な三つそろいのスーツ姿」とある。今回の衣装についてスタイリストに話を聞くと「原作の表紙(のイラスト)で高槻が着ていたスーツが紺色ベースで統一されていたので、それを参考に、伊野尾さんのサイズを計らせていただき、3着のオーダーメイドスーツを作った。今回はその内の1着」とのこと。伊野尾の体と動きに沿うように作られたこだわりのスーツ、他の2着の登場も劇中の注目ポイントとなっている。

 撮影が行われたのはクランクイン前の4月某日。まずプロデューサーから「これから不思議な世界を案内するよ、と生徒たちに優しくさとすように口角を上げた感じで」と指示されると、伊野尾は瞬時に飲み込んだようで、カメラの前で次々にポーズを変化。顔や体の角度を変えながら、アゴに手を添えたり、胸の前で両手を組んだり…そのたびにモニターを見ていたスタッフから「絶妙なほほえみ!」「色気がスゴイ!」「手がキレイ!」と歓声が起こり、約20分程度で終了。

 伊野尾は「原作も読ませていただいたのですが、そこに書かれていた高槻の枕詞にはビックリしましたね。というのも小説内に何度も“イケメン”と書かれていて、これだけハードルが上げられている状態で高槻を演じるというのは、すごいプレッシャーに感じました。これほど『頑張ってイケメンにならなきゃ!』って思ったのは初めてかもしれない(笑)」と率直に明かしつつも笑顔を見せた。

 続いてスタジオに現れた神宮寺は少し目にかかるぐらいの長めの前髪に、地味で無難な服装にメガネ姿と“どこにでもいる大学生”といった雰囲気でキラキラオーラは完全封印。まずは劇中で使う学生証用の写真の撮影では、まるで“原作の表紙から飛び出した”かのよう。プロデューサーから尚哉像について「人と心の距離感がある」「あまり人と関わりたくない感じ」と説明された神宮寺は、大きな仕草は見せず、ほぼ目だけで表現。モニターを見ていたスタッフから「美しい黒髪!」「見事な天使の輪!」と神宮寺のヘアスタイルに対しても声が上がった。

 神宮寺は「実は昨日、髪の毛を切りに行ったのですが、もし今日スタジオに入ってスタッフのみなさんから『ちょっと違う』と言われたら、どうしよう…と本当に不安でした。でも、スタジオに入った瞬間に『尚哉が来たかと思った』と言っていただけて、今日はもう満足しています!」と興奮気味に。ヘアスタイルは「ファンの方がよく“サラスト”と言ってくださるのですが、仕事の時の僕はこういうサラストではなく、いつも髪の毛に少しウェーブとかニュアンスを付けるようにしています。なので、今回のこの髪型に、僕のファンの方は喜んでくれるんじゃないかなぁと勝手に想像しております。サラストの僕が見られるのは、この作品だけだと思いますよ(笑)!」とアピールした。

 ラストは岡田の撮影。岡田演じる瑠衣子は、一番原作のイメージに近いメガネをチョイスしており「こんなに長い期間、眼鏡をかけてやる役は初めて」と紹介。撮影中には「原作を読んで“丑の刻参り”というのを知らなかったので調べた」と真面目な一面ものぞかせる。「原作の小説が面白くて、この世界観に(役として)入れるんだ!と思ったらめちゃくちゃうれしくなって“丑の刻参り”や“ワラ人形”といった、わからなかった単語を夢中で調べちゃいました。民俗学って奥が深い! こうやって瑠衣子もどんどん民俗学にハマっていったんだろうな」とすでに役柄に共感していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ