プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『24時間テレビ』今年は緊急事態宣言下で実施 スタッフのワクチン接種など安全対策を説明

『24時間テレビ44 愛は地球を救う』制作発表会見でスタッフのワクチン接種など安全対策を説明(C)ORICON NewS inc.の画像

『24時間テレビ44 愛は地球を救う』制作発表会見でスタッフのワクチン接種など安全対策を説明(C)ORICON NewS inc.

 緊急事態宣言下の8月21日、22日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。』(8月21・22日放送)の制作発表会見が14日、都内の同局にて行われた。昨年に続き、日本武道館にて無観客で開催となる同番組。島田総一郎総合プロデューサーは「今回は『新しい日常での第2回目』になるのではないか。だからこそ、昨年の経験を活かした上で、安全対策をとっていきたい」と力を込めた。

【写真】制作発表会見にはキンプリほか出演者が登場!

 昨年に続き対面募金は実施せず、キャッシュレス募金を充実。マラソンの実施などは後日発表される。参加スタッフはリモートでの会議・打ち合わせを進行中で『24時間テレビ』に関わる多くのスタッフが当日までに2回のワクチン接種を終える予定とのこと。生放送やCM撮影では出演者・全スタッフがPCR検査・抗原検査を行い、感染拡大防止のチェック。会場内の密を減らして最小限の人数で送る。

 番組内容は検討中だが、昨年の深夜ブロックの事前収録などを例に、島田プロデューサーは「安全対策を第一に皆さんにお届けできる準備をしている」と説明。「昨年の『24時間テレビ』の合言葉は『新しい日常での第1回目』。その時よりも問題をクリアしなければいかない日常が続いています」と現状を捉えながらも“新しい日常での第2回目”に意欲。放送は緊急宣言明け前日となるが「ごらんになったみなさんが、我々の世界、日常も変わるのではないか、と明るい兆しを感じられる内容にしたい」と展望した。

 この日はメインパーソナリティーの人気グループ・King & Prince(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人※はしごだか、岸優太、神宮寺勇太)、チャリティーパーソナリティーの菅野美穂、スペシャルサポーターのチョコレートプラネット、24時間テレビサポーターの徳光和夫、総合司会の羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーが登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ