プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

第165回「芥川賞」に石沢麻依氏と李琴峰氏 「直木賞」に佐藤究氏と澤田瞳子氏

(左から)石沢麻依氏、李琴峰氏(撮影:大坪尚人)、佐藤究氏(撮影:山口宏之)、澤田瞳子氏の画像

(左から)石沢麻依氏、李琴峰氏(撮影:大坪尚人)、佐藤究氏(撮影:山口宏之)、澤田瞳子氏

 日本文学振興会は14日、『第165回芥川龍之介賞・直木三十五賞』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、「芥川賞」は、石沢麻依氏(41)の『貝に続く場所にて』、李琴峰氏(31)の『彼岸花が咲く島』が選出。「直木賞」は、佐藤究氏(44)の『テスカトリポカ』、澤田瞳子氏(43)『星落ちて、なお』に決まった。

【写真】第165回芥川・直木賞候補者一覧

 『貝に続く場所にて』は、ドイツの学術都市で暮らす主人公のもとに、東日本大震災で行方不明になったはずの友人が突然現れることで物語は展開していく。時間や距離などが重なり合うことで、登場人物がそれぞれ失ったものを取り戻す様を描いた作品。作者の石沢氏は、初めてのノミネートでの受賞となった。

 『彼岸花が咲く島』は、記憶をなくした少女が主人公。流れ着いた島では男女が違う言葉を学び、女語を習得した女性があらゆる儀式を執り行い、島を管理するといった物語。李氏は、2回目のノミネートでの受賞となった。

 『テスカトリポカ』は、メキシコの麻薬組織を支配していた男が、日本人の臓器ブローカーと出会い、新たなビジネスを始める。物語では、2人の犯罪に巻き込まれる少年や滅亡した古代文明が裏社会とつながる様子が描かれる。佐藤氏は、初めてのノミネートで受賞となった。

 『星落ちて、なお』は、明治時代を舞台に天才浮世絵師であった父が亡くなったことをきっかけに、娘である主人公が父の影に翻弄されながらも兄弟との争いの中で懸命に生きる姿を描いた歴史小説。澤田氏は5回目のノミネートで受賞となった。

 両賞は1935(昭和10)年に制定。芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られる。前者は主に無名・新進作家、後者は無名・新進・中堅作家が対象となる。

■第165回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)※作者五十音順・敬称略
石沢麻依『貝に続く場所にて』(群像六月号)
くどうれいん『氷柱の声』(群像四月号)
高瀬隼子『水たまりで息をする』(すばる三月号)
千葉雅也『オーバーヒート』(新潮六月号)
李琴峰氏『彼岸花が咲く島』(文學界三月号)

■第165回直木三十五賞 候補作(出版社)
一穂ミチ『スモールワールズ』(講談社)
呉勝浩『おれたちの歌をうたえ』(文藝春秋)
佐藤究『テスカトリポカ』(KADOKAWA)
澤田瞳子『星落ちて、なお』(文藝春秋)
砂原浩太朗『高瀬庄左衛門御留書』(講談社)

■選考委員
【芥川賞】小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀江敏幸、松浦寿輝、山田詠美、吉田修一
【直木賞】浅田次郎、伊集院静、角田光代、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、三浦しをん、宮部みゆき
※五十音順・敬称略

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ