プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

梅雨明け宣言をめぐるラジオ局の激しい戦い 太田光が暗躍も、RCC横山雄二アナの意地が勝る

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.の画像

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.

 今年もラジオ局の垣根を越えた「絶対に負けられない戦い」が展開された。爆笑問題・太田光の“ラジオ愛”あふれる行動がきっかけとなり、RCCラジオ『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』(月~金 前9:00)のパーソナリティーを務める横山雄二アナとの間で「どちらが早く梅雨明けを番組内で発表できるか」を競うこととなったが、昨年は太田がTBSラジオ『ジェーン・スー生活は踊る』(月~金 前11:00)のジェーン・スーに、重要な任務を託し、見事に勝利を収めた。今年の梅雨明けは13日となったが、今回は10秒という僅差となった上に、太田の意向を受けて文化放送、ニッポン放送も参戦する展開となった。

【写真】RCC横山雄二アナ、ツイッターで勝利宣言

 太田が、全国各地のラジオを聞いていく中、横山アナの『ごぜん様さま』にたどり着き、以降は自身の番組などで魅力を紹介。番組内で「横山コノヤロー!」と愛ある怒鳴りを行いながら、ラジオを通じて交流を深め、横山アナが上京した際には、爆笑問題のラジオに出演するという流れが恒例化しており、梅雨明け宣言をめぐる“争い”も、こうした交流の中から生まれた。

 『ごぜん様さま』のホームページによると、午前10時55分にスタジオに気象予報士が姿を現し「11時に宣言が出るかもしれません」と報告。パソコン4台という厳戒態勢の中、11時00分25秒に、その時が訪れた。すぐさま、横山アナが「梅雨明けしたとみられると、発表いたし…まっする~!!!!」と発表したところ、時刻は11時00分50秒となった。

 一方の『生活は踊る』はスタート直後に、大谷翔平のホームラン競争の話題を少し話した直後に、杉山真也アナが梅雨明け宣言を行ったが、その時間は11時1分秒で、今回は『ごぜん様さま』に軍配が上がる結果に。これだけにとどまらず、太田は『大竹まことゴールデンラジオ』にゲスト出演をした際、一連の流れを知る文化放送のスタッフにも“梅雨明け宣言”を託しており、文化放送では『くにまるジャパン極』内で11時06分に発表され、旧知の放送作家がいるニッポン放送では『あなたとハッピー!』内で11時29分に発表される流れとなった。

 こうした流れを受け、13日深夜放送のTBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(毎週火曜 深1:00)で、太田は今回の梅雨明け宣言のてん末をトーク。横山アナは、自身のツイッターで「信玄曰(いわ)く『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』オレたちは勝った! そして、スタバのフラペチーノで勝利の雄叫びをあげた! 『全国梅雨明け宣言・夏の陣』我が『ごぜんさま軍』10秒差の勝利。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』文化放送『くにまるジャパン極』また戦おう!」と勝利宣言を行った。

 梅雨明けをめぐって、展開された激しい戦い。実際の瞬間はもちろんのこと、これをきっかけに、それぞれの番組を聞くと、また新たな楽しみが発見できそうだ。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる(居住地域以外の番組を聴取するには、プレミアム会員への入会が必要となる)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ