プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ジュゼップ 戦場の画家』スケッチとアニメーションを融合させたアートのような本編映像

長編アニメーション『ジュゼップ 戦場の画家』8月13日より新宿武蔵野館(東京)ほか全国順次公開の画像

長編アニメーション『ジュゼップ 戦場の画家』8月13日より新宿武蔵野館(東京)ほか全国順次公開

 「東京アニメアワードフェスティバル2021」で審査員を務めた片渕須直監督(『この世界の片隅に』)が絶賛し、コンペティション部門長編アニメーショングランプリを獲得した、『ジュゼップ 戦場の画家』(8月13日全国順次公開)の本編映像と新しい場面写真が解禁された。

【動画】多彩な筆致はまさにアート。スケッチに入り込む本編映像

 本作は、1939年スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった実在の画家ジュゼップ・バルトリ。愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで生き抜いた男の感動の実話。

 WEBで公開された本編映像は、ジュゼップのスケッチが、アニメーションと融合する圧巻の場面。収容所のなかでスケッチをするジュゼップの隣にいるのは、友人エリオス。彼は彼女にプレゼントするため、手作りの指輪をつくっている。ジュゼップの手元のスケッチにシーンが切り替わると、次の瞬間、なんと絵の中にエリオスが入り込む。

 エリオスが恋人に指輪を渡し、ロマンティックな瞬間を優しく見守るジュゼップ。収容所での悲劇や喜び、どんな瞬間も見つめてきた姿を感じ取れる。

 実際にジュゼップ・バルトリが描いたスケッチが使われているこの場面。そのスケッチに触発され、10年の歳月を費やして遂に本作を完成させたオーレル監督は、ジュゼップの作品に敬意を示すため、ジュゼップが描くシーンを多用し、いくつかの場面では実際に描かれたスケッチをスクリーンでアニメ化していると話す。

 監督は「この映画のテーマは絵です。アニメーションだけでなく、絵は本質的なものを伝える力を持っています。実写映像には決してない、絵が持つ力を表現したい。」と語る。ジュゼップ・バルトリの力強いスケッチと、オーレル監督の繊細なタッチ。ふたりのアーティストが手がけた多彩な筆致を堪能できる本作は、まさにアートだ。

 あわせて解禁された場面写真は、タバコを咥えスケッチをするジュゼップ、収容所の難民たちの休息を捉えた場面、憲兵に監視されている物々しい雰囲気の中、大事そうにワインとパンを抱える姿を切り取ったもの。ひたすら絵を描き続けるジュゼップの姿に“生きる”という根源的なテーマを投影した映像世界は、あらゆる観客の心を震わすに違いない。

(C)Les Films d’Ici Mediterranee – France 3 Cinema – Imagic Telecom – Les Films du Poisson Rouge – Lunanime – Promenons – nous dans les bois – Tchack – Les Fees Speciales – In Efecto – Le Memorial du Camp de Rivesaltes – Les Films d’Ici – Upside Films 2020

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ