プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ゆうばり映画祭受賞、大久保健也監督の長編デビュー作『Cosmetic DNA』公開決定

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020・北海道知事賞受賞、大久保健也監督の長編デビュー作『Cosmetic DNA』10月9日より全国順次公開 (C)穏やカーニバルの画像

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020・北海道知事賞受賞、大久保健也監督の長編デビュー作『Cosmetic DNA』10月9日より全国順次公開 (C)穏やカーニバル

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて北海道知事賞を獲得し話題を呼んだ、大久保健也監督の長編デビュー作『Cosmetic DNA』が10月9日よりk’s cinema(東京)ほか全国で順次公開される。SHIBUYA109・2021年度メインビジュアルなども担当しているイラストレーター・najuco(ナジュコ)が手がけたポスタービジュアル、特報が解禁された。

【画像】ブラック・ポップ・スプラッター・ミュージカルな感じの場面写真

 中学校時代から映画制作を続け、度を超えた映像美学から“編集狂”とあだ名される大久保監督。本作は、コスメ(化粧品)を愛する美大生アヤカが日本社会にはびこる「男尊女卑」の暴力に傷つけられたのを機に、真の愛と友情、そして「自分たちの未来」を創造するため革命を起こそうとする物語。

 主人公アヤカ役を、映画『血を吸う粘土~派生』主演にしてミスiD2020ファイナリストで知られる新進気鋭女優・藤井愛稀がイメージ崩壊覚悟で挑戦。アヤカと友情を結ぶ大学院生サトミ役を仲野瑠花、アパレル店員ユミ役を川崎瑠奈が演じる。そして、胡散臭い自称映画監督の柴島恵介役を『嗚呼、残酷な世界』で怪演を見せた西面辰孝が務める。

 今回、初めて映画のポスタービジュアルを手がけたnajuco、さらに、キャストの藤井、仲野、川崎、大久保監督の“公開記念”コメントは以下のとおり。

■najuco(イラストレーター)
 実写映画のポスターをイラストで表現するといったとてもおもしろい内容でワクワクしながら制作させていただきました。映画を拝見したときの印象が女の子たちのキラキラしたところと血の赤だったので、3人の主人公の可愛いさとドロドロした部分をミックスしてインパクトが出る様に仕上げました。作中の画や出てくるモチーフもかわいくてとても楽しく描かせていただきありがとうございました!

■藤井愛稀(東条アヤカ 役)
 事前に幾度となく重ねられた打ち合わせによって綿密に練られた作品像。それは撮影に入るなり打ち砕かれることとなり、仲野瑠花さん、川崎瑠奈さんという、強かで素敵なふたりとともに監督の理想と奮闘し続ける日々でした。日を重ねる毎に強まる団結力があったからこそあの3人が、人類の新たなる希望『Cosmetic DNA』を錬成できたのだと思います。彼女たちとご一緒できた運命に、感謝が溢れて止まりません。

 大久保監督の全てを賭けるかのような、これほどまでに刺激的な演出には未だ嘗て出会ったことがありません。完成した本作を初めてみたとき、監督の才能あふれる見事な作品に目から鱗がぼろぼろ落ちてしまいました。己の内にひそむ思考の破片が増幅し、運命になっていく。鮮やかでいて毒々しくも華やかに、そして痛快に見せつけられ続ける、その瞬間たち。それらが放つ、すさまじく膨大なパワーにただただ圧倒させられ、びりびりしました。人の数だけ存在する正義。その正義が孕む暴力性。あなたの正義は、愛は、どこにありますか?

■仲野瑠花(西岡サトミ 役)
 なにかを変えたい。新しいことに挑戦したい。このままでは役者として腐ってしまうのではないか、そう考えていた時に本作品のオーディションを見つけ、面白そうな映画だと思い応募しました。

 私より役者歴も長く、演技力も高い藤井愛稀さんと川崎瑠奈さん、ふたりとはカメラが回っていないときも作中の3人娘のようにたわいない会話を交わす仲です。そんなふたりや大久保監督、スタッフの皆さんの助けもあり、初の長編映画撮影―しかも超ハードな―もなんとか乗り切ることができました。撮影に関わる全員が同じ方向を向き、それでいてアットホームな現場に参加することができて本当に幸せでした。倒錯世界への入口のような、刺激的で笑える映画となっております。ぜひ、一度劇場に足をお運びください。

■川崎瑠奈(松井ユミ 役)
 夜行バスで東京から大阪へ向かい、到着後大久保監督と読み合わせ、衣装合わせ、深夜から撮影始まり、日が上がってくる頃に撮影して終了。3人で撮影後朝から牛丼食べたり、温泉に入ったり。約1ヶ月の撮影時は怒とうな日々の繰り返しでしたがみんなとずっと一緒にいたからこそ日常生活も映画の中でも乗り越えられるものがあったのだと感じています。

 男尊女卑。社会が「男尊女卑」を悪しき慣習だと理解しているがゆえの言葉です。女性にも男性にも少しでも生きやすい世の中になるといいなと願うばかりです。

■大久保健也監督
 映画館でジェームズ・キャメロン監督の『アバター』を観た時から、ずっと映画を撮りたいと思ってきました。MVやドキュメンタリーの演出、テレビ番組の編集などをしながら映画監督への道を模索してきましたが、自分の本当にやりたいことができずに年月が過ぎていくばかりでした。

 そんな時、ある知人から「一度『自主映画だからできない』という言い訳をせずに脚本を書いてみたらどうか」とアドバイスを受け、予算度外視で書いたのがこの『Cosmetic DNA』の脚本でした。そして周囲からは「こんなものは撮れるわけがない」と言われる中で撮影を断行。様々な方の助けを得ながら死にもの狂いで完成させました。

 制作では色彩調整・音響に拘り、映画館の暗闇で観てこそ初めて真価が発揮される映画を目指しました。ひとりでも多くの方に映画『Cosmetic DNA』を観ていただき、「日本映画の未来」を感じてもらえたらと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ