プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

菅田・野田・永野・北川の4人でドライブ 『キネマの神様』本編映像解禁

映画『キネマの神様』8月6日公開 (C)2021「キネマの神様」製作委員会の画像

映画『キネマの神様』8月6日公開 (C)2021「キネマの神様」製作委員会

 山田洋次監督がメガホンをとった松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』(8月6日公開)。無類のギャンブル好きで妻や娘に見放されたダメ親父の主人公ゴウが、映画監督を目指していたかつての夢、青春を取り戻すような“奇跡”が起きる、愛と友情、家族の物語。本日は、若き日のゴウ(菅田将暉)が、スター女優・園子(北川景子)が運転する車で、後に妻になる淑子(永野芽郁)、映画の撮影所で働く仲間テラシン(野田洋次郎)とドライブへ出かける本編シーンが解禁された。

【動画】『キネマの神様』ドライブシーン(本編映像)公開

 園子がハンドルを握るオープンカーで、冗談を言い合いながらさわやかな笑い声をあげる4人。青い空の下を車は進むが、道中で車はエンストを起こし、ゴウたちは車を停めエンジンを冷やすことに。ラジエーターに水をそそぐゴウの目をまっすぐに見つめながら、園子は「ねえ、なんで淑子ちゃんたちを誘ったの? 私、ゴウちゃんと二人で来るつもりだったのよ」と意味深な言葉。あまりにもまっすぐな園子の瞳にゴウはたじたじだ。

 一方、淑子への想いを募らせるテラシンは、映画のフィルムを使ったカメラを取り出し、遠慮がちに「写してもいいですか?」と淑子へ声をかけて眩しすぎる笑顔の淑子をカメラに収める。テラシンはカメラに使うフィルムの知識を淑子に披露するが、普段は淑子に照れっぱなしのテラシンが愛する映画を語るときは饒舌になる生真面目さが微笑ましい。

 園子からゴウへ、テラシンから淑子へ向けられた淡い恋心など、それぞれの想いが交錯する登場人物たちの青春模様が映し出されていく。このドライブの先に4人にはどんな展開が待ち受けているのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ