プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

林遣都、共演の保護犬に母性芽生える 別れに寂しさ「あんな感情になったのは初めて」

共演の保護犬に母性が芽生えたという林遣都 (C)ORICON NewS inc.の画像

共演の保護犬に母性が芽生えたという林遣都 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の林遣都が13日、映画『犬部!』獣医学部学生ティーチインイベントに登壇した。行き場のない犬や猫のために、現役の獣医学生が立ち上げた実在のサークル“犬部”をモチーフにした今作で主演を務めた林は、劇中での動物との触れ合いで「とにかく会話する」ことを心がけ「もともと話す方ではあったんですけど、人と話すのと変わらないくらい、『けさ何食べたの?』とか声をかけて、初めて変化していく姿を見ることができた」と笑顔を見せた。

【動画】わんぱく犬を引き連れて舞台挨拶に登壇した林遣都

 この日は、悪質業者の排除、保護犬猫の譲渡促進などに取り組む小泉大臣がスペシャルゲストとして参加。篠原哲雄監督と現役の獣医学部生とオンラインをつなぎ、交流を図った。また写真撮影には劇中に登場する保護犬・ちえも参加。その場を和やかなムードで包んだ。

 学生からの質問に応える形で、意識したことについて林は「監修に入ってくださったトレーナーの方にいろんなことを教えていただいて印象に残ったのは、とにかく会話してあげること。会話してあげることをやってみてください、と」と明かし、「最初近づけなかったのに隣に座ってくれたりするようになったり変化を体験することができました」とうれしそうに語る。

 実際に保護犬を飼育する小泉大臣も「林さんと同じですね。話しますよね。その『ドッグフードおいしいの?』とか。あとはうちのアリスは保護犬なんですけど、花子(ちえ)と会って驚いたのは、距離感近づけてきてさっきもベロベロやられましたけど、そういう保護犬と、いろんな経験をしている背景があって飼い主以外は絶対に近づかない保護犬もいる。だんだん距離を近寄っても許してもらえる瞬間ってあるじゃないですか。それはうれしいですよね」と共感した。

 これに林は「冒頭に出てくる保護犬の子は、お世話している方以外の人が現れるだけでも隠れちゃうんですけど、設定上、その子でいきたいとなって。僕と絆を深めるシーンまでいかないといけなくて時間が許す限り、接する機会を与えてもらって、最初は近づけなかったんですけど、僕以外の人がいると、僕の方に寄ってくれるようになって。その時は母性がわいて、撮影終わって東京に帰るときに寂しくて、あんな感情になったのは初めてでした」と思い出を振り返っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ