プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

碇ゲンドウ役・立木文彦、シン・エヴァ100億で“息子”祝福「よくやったな」 シンジ役の緒方恵美「うれしい…」

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル(C)カラーの画像

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル(C)カラー

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(庵野秀明総監督)の興行収入が100億円を突破したことが13日、発表された。『エヴァ』シリーズで主人公・碇シンジの父、碇ゲンドウ役を演じた声優・立木文彦は同日、自身のツイッターで「シンジ、おめでとう」と“息子”の快挙を祝福した。

【写真】父さんに、褒められた…!? 立木文彦のツイートに反応した緒方恵美

 立木は「庵野総監督、#エヴァ100億 突破!おめでとうございます」と庵野氏を祝福。続けて「シンジ、おめでとう よくやったな ありがとう、全てのエヴァンゲリオンチルドレン 清々しく、上を向く」とゲンドウの言葉でシンジの頑張りをねぎらった。

 これに、シンジ役を務める緒方恵美も反応。「『父さんに、褒められた…!?』うれしい…」とつづっており、ファンにとって感慨深い“親子”のやり取りが繰り広げられた。

 同作は公開から127日間累計、きのう12日までで100億1582万円を記録、観客動員は655万人を突破した。ネットでは総監督を務めた庵野秀明氏や主人公のシンジを“100億の男”として祝福している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ