プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

エヴァ興収100億突破で製作カラー“綾波レイ”のセリフで心境「こういう時、どんな顔すればいいのかわからないの」

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル(C)カラーの画像

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル(C)カラー

 アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開)の最新の興行収入が13日に東映より発表され、公開から127日間累計で100億円の大台を突破した。きのう12日までで、100億1582万円、観客動員は655万人を突破し、製作会社のカラーは公式ツイッター(@khara_inc2)で、人気キャラクター・綾波レイの名セリフを使い感謝した。

【写真】大胆ボディの綾波レイ&アスカ! 発売される『エヴァ』アイス

 仕事や日常、作品の裏話を明かす「(株)カラー2号機」のツイッターでは、今回の興収100億円突破に「誠にありがとうございます!! 庵野さんの悲願でした」とファンに感謝し、「こういう時、どんな顔すればいいのかわからないの(※レイちゃんの声で再生して下さい)」と大記録に対して綾波レイの名セリフで今の心境を伝えた。

 このセリフは、戦いで生き延びた綾波の姿に主人公・碇シンジが泣いているのを見て「こういう時、どんな顔すればいいのかわからないの」と言うもの。それに対してシンジは「笑えばいいと思うよ」と返す名シーンとなっている。

 公式の粋な祝福の形にファンも「おめでとうございます!笑えばいいと思うよ!」「笑えばいいと思うよ。おめでとうございます」などと反応している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ